荷風と東京(下) 『断腸亭日常』私註 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021542

作品紹介・あらすじ

『断腸亭日乗』によりながら、著者自ら荷風が歩いた東京を時間旅行し、失われた風景を幻影を見るように見る。下巻では銀座での交遊、写真や映画との関わり、玉の井の探索と傑作『〓(ぼく)東綺譚』の執筆の経緯、戦時下の浅草の哀愁が描かれ、東京大空襲による偏奇館焼亡、市川・八幡での終焉に至る。田園のなかに古き東京を見た荷風の幸福とはどのようなものであったか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    <上>
    永井荷風(一八七九‐一九五九)の『断腸亭日乗』を読み込み、荷風の生きた時代と彼が愛した東京の細部を浮かび上がらせる。
    荷風はどんなものを食べ、どんな映画を見、どんな女性と付き合っていたのか。
    上巻では築地や麻布偏奇館での生活、鴎外への景仰、二世左団次との親交、深川・砂町の探訪、荒川放水路と元八まんの発見などが取り上げられ、併せて経済生活にもふれられる。

    <下>
    『断腸亭日乗』によりながら、著者自ら荷風が歩いた東京を時間旅行し、失われた風景を幻影を見るように見る。
    下巻では銀座での交遊、写真や映画との関わり、玉の井の探索と傑作『〓(ぼく)東綺譚』の執筆の経緯、戦時下の浅草の哀愁が描かれ、東京大空襲による偏奇館焼亡、市川・八幡での終焉に至る。
    田園のなかに古き東京を見た荷風の幸福とはどのようなものであったか。

    [ 目次 ]
    <上>
    「病余の生涯唯静安を願ふのみ」―「老い」の見立て
    老翁、俗を脱したり―「老人」への共感
    「持てあます西瓜ひとつやひとり者」―単身者の文学
    山の手の子の下町住まい
    三味線の聞える町―築地界隈
    下町のうっとうしさ
    崖の上の家―偏奇館独棲
    「余花卉を愛する事人に超えたり」―庭の小宇宙
    庭好む人―焚き火と掃葉
    山形ホテル
    鴎外への景仰
    「小鰺の塩焼、里芋田楽、味甚佳し」―淡白な食生活
    左団次との親交
    歌舞伎―愛すべきいかがわしさ
    隅田川を渡って―深川
    放水路の発見
    煙突の見える新開地―砂町
    「偶然のよろこびは期待した喜びにもまさる」―元八まんへの道
    立ちあがる大東京―震災後の復興
    ランティエの経済生活

    <下>
    探墓の興―墓地を歩く
    車が走るモダン都市
    「つゆのあとさき」のころ
    「銀座食堂に〓(はん)す」―東京の復興は飲食物より
    銀座の小さな喫茶店で
    「見る人」の写真道楽
    「活動写真」との関わり
    私娼というひかげの花
    ある夜の女
    〓(ぼく)東の隠れ里―玉の井
    陋巷での安らぎ
    「〓(ぼく)東綺譚」と「寺島町奇譚」
    玉の井から浅草へ
    浅草の「一味の哀愁」
    日中戦争下の日々
    「門松も世をはばかりし小枝かな」―戦時下の物資窮乏
    「家も蔵書もなき身」―偏奇館焼亡以後
    田園に死す

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1944年東京生まれ。東京大学法学部卒業。評論家。1991年に『大正幻影』(新潮社、岩波現代文庫)でサントリー学芸賞、1997年に『荷風と東京』(都市出版、岩波現代文庫)で読売文学賞、2003年に『林芙美子の昭和』(新書館)で毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞、2012年『白秋望景』(新書館)で伊藤整文学賞を受賞。
著書に、『ロードショーが150円だった頃』(晶文社)、『ギャバンの帽子、アルヌールのコート』(春秋社)、『成瀬巳喜男 映画の面影』『「男はつらいよ」を旅する』(いずれも新潮選書)、『サスペンス映画 ここにあり』(平凡社)、『映画の戦後』(七つ森書館)、『我もまた渚を枕』(ちくま文庫)、『東京抒情』『物語の向こうに時代が見える』(いずれも春秋社)、『老いの荷風』(白水社)などがある。

「2018年 『「それでもなお」の文学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川本三郎の作品

ツイートする