ものがたりの余白 エンデが最後に話したこと (岩波現代文庫)

制作 : 田村 都志夫 
  • 岩波書店
4.05
  • (12)
  • (15)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 227
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021566

作品紹介・あらすじ

『モモ』『はてしない物語』など数々の名作児童文学で知られるミヒャエル・エンデが、自らの人生、作品、思索について、翻訳者で友人の田村都志夫氏に亡くなる直前まで語った談話。作品の構想のもととなった、現代の物質文明の行きつく先を見通し、精神世界の重要性を訴えたエンデの深い思想が、語りを通して伝わってくる。各章冒頭、巻末に田村都志夫氏の解説付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミヒャエル・エンデとの対談本で、聞き手は翻訳家の田村都志夫さん。エンデは時間どろぼうの『モモ』くらいしか知らないけど、先日読んだ本に紹介されていたのでamazonで頼んでみた。読んだ本には、『モモ』の中に資本、貨幣、商品の話しがあるとあった。意外だったから興味を惹かれて頼んだのだと思う。

    エンデは、自分の名前を説明するのに、日本では「終わり(エンド)」というところから、「終」を偏と旁の「糸」と「冬」に分解して、「ヴィンターファーデン(冬糸)」と言っていたらしい。実際、署名に使ったこともあるとか。こういう話しは対談からしか出てこないだろう。

    ボクが心惹かれたことは、「神話」の意味。エンデは、「人は神話なしではいきてゆけない。神話なしでは、人は世界の中に、いかなる秩序も見出すことができない」と言い切る。なぜなら、「神話」は人間の生の矛盾を、ひとつの物語や絵にまとめてくれるから。つまり、矛盾を引き受ける方法だというのだ。なるほどと思った。

    有史以来、ボクたちは世界の矛盾を感じてきた。きっとそうだと思う。いや、矛盾という定義ではないのかもしれない。世界を切り取り感じるときに、説明の出来ない「何か」があると言う方が適切かもしれない。それを引き受ける方法として、「神話」があったというのだ。

    神話を失いつつあるいま、世界を説明する方法をボクたちは失いつつあるのかもしれない。

  • 「モモ」や「はてしない物語」の著者、ミヒャエル・エンデとの対話。物質至上主義の現代社会特に米国を批判し、精神世界の重要性を訴えるもの。賛同できるが回りくどい。言葉にできないことを表現するのが芸術と言うだけあって、活字にすることはエンデにとっても読み手にとっても複雑。「粘土で器を作る。器が作る空間こそがその本質」「古いというだけでありがたがるのが欧米、建物ではなく精神性が尊いと感じるのは日本流(式年遷宮の例)」「女性解放という本質ではなく、男性と同等という地位や権利(=イデオロギー)に向かってしまうことは間違い」

  • とても良い本。読んでいて、なんというかな。大事なものを照らされるというのかな。生きる上でも、とても大切な事を話していると思う。読み手としても書き手としても学ぶ所が沢山あるのはもちろんだけれど、ひとりの人としても、凄い為になる話だったと思う。

  • 高校生の時に読んだ本。


    読んでると妙に落ち着く。
    新たな気づきがたくさんあったように感じる。
    読むたびに発見がありそうなので、本棚に置いておきたい本。

  • 2014年97冊目。

    内容に覚えがあったので、別の本で似たようなことを読んだのかと思っていたら、まさかの既読本だった。
    とはいえ、物語がどのように生まれ、どのように広がっていくかの話しはいつも興味深い。
    物語そのものの中にある自律性に任せること、それが大事なのだと思う。
    ====================
    2014年53冊目。(初読:2014年5月31日)

    ファンタジー作家であるミヒャエル・エンデに対する、その訳者・田村都志夫によるインタビュー集。
    「物語」「ストーリー」と「余白」「空白」の関係の力にはずっと関心があったので、タイトルがどんぴしゃだった。
    なので、第一章の「書くということ」が一番読み応えがあった。
    画家、音楽家、作家、あらゆる芸術分野で尊敬できる人たちは、やっぱり「余白」を大事にしている。
    そして、作品自体が本人を超えて行く。

  • 深いな…。

    はてしない物語などおなじみの作品の舞台裏が少しだけ覗ける。
    エンデのバックグラウンドや思考がメイン。大切なのは遊び(シュピール)と無の空間なのです。

  • 「ものがたり」「ことば」「ユーモア」、そして「遊び」。インタビュー形式で進められる言葉は読みやすく、すっと入ってくる。

    見えないものに本質が見える。いまある物質主義的な生活を立ち止まって、考えてみよう。夏の元気な姿は実は植物の「夢」であって、冬の寂しい死んだような姿こそ植物にとっての「生」という話が印象的だった。

  • 前半は作品に関するインタビューで、興味深く。

    後半だんだんと、すぴりちあるな話に……。

  • 魅力的な、たくさんの言葉がちりばめられていた。

    「遊び」ということの大切さ。

    「ユーモア」というものの、真のあり方。

    それと、ミヒャエル・エンデはこんなことも言っている。
    夏は自然が眠るとき。冬こそ、自然の命がおおいに成長するとき。
    春と夏のあの緑は、自然が深い眠りについて、その本質を覆い隠しているのだそうだ。そして、緑が消える冬にこそ、その本質があらわになり、自然は自身のあるべき姿をさらすのだとか。
    いまひとつ、難しくてわからないけど、どうやら、エンデは人生が終焉に近づけば近づくほど、人は勢いよく成長するのだ、ということが言いたかったらしい。


    あ、そうだ。
    あと、物語というもの。
    イタリアかどっかの街でエンデが出会った街頭の語り手。
    「それは何の物語?」と聞いたら、
    「アレクサンドル・デュマの小説だよ」と答える。
    (そんな小説、あったっけ?)と思ったが、
    それは彼の祖父から父へ、父から彼に語り継がれ、その間にすこーしずつ尾ひれがついて、今のかたちになったのだった。
    エンデは、その瞬間に啓示を受けた。
    「あー、こういう物語を書こう。100年後、どこかの街角で語られる物語を書きたい」
    だから、エンデはエンデのように書いたのだそうだ。
    トーマス・マンのように書いたのでは専門家には認められても、いつかどこかで語られることはないのだとか(笑)。

  • 「言葉は(作家が)自分で作るわけじゃない。それはすでにそこにあるものです」

    田村都志夫によるインタビュー形式の本。
    病状回復の見込みのなかったエンデが語った「死について」が、心にずっしりと響きます。

全16件中 1 - 10件を表示

ものがたりの余白 エンデが最後に話したこと (岩波現代文庫)のその他の作品

ミヒャエル・エンデの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ヴィクトール・E...
ミヒャエル・エン...
ヘルマン ヘッセ
サン=テグジュペ...
ミヒャエル エン...
ミヒャエル・エン...
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印

ものがたりの余白 エンデが最後に話したこと (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする