二つの同時代史 (岩波現代文庫)

  • 岩波書店 (2009年12月16日発売)
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 25人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021597

作品紹介

戦後文学の二巨匠が、その社会意識の目ざめから、青春、戦争体験、文学的出発、戦後文学、安保闘争、赤軍事件と、時代を交錯させながら縦横に語る連続対談。変転する文学精神には鋭敏に呼応し、これを撃ち、真摯にかつユーモラスに語り合って倦むことがない。二人の生誕百年を機に初めて文庫化する。

二つの同時代史 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大部の書だが、近頃、こんなに愉しく読めた書はない。
    とりわけ、前半部を占める
    大岡・埴谷のそれぞれの成長史や青春時代を縦横に語り尽くした、Ⅰ意識の目ざめ~Ⅴ戦前から戦中、はその対称性とともにとても面白い。

  • 自称ぼけ老人が語る昭和の衝撃!

全4件中 1 - 4件を表示

大岡昇平の作品

二つの同時代史 (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする