湿原(上) (岩波現代文庫)

著者 : 加賀乙彦
  • 岩波書店 (2010年6月23日発売)
3.75
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • 24人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (634ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021665

作品紹介

大学紛争が激化した一九六〇年代の終り、謎多き人生を過ごしてきた自動車整備工・雪森厚夫は、スケート場で出会った女子大生・池端和香子に恋心を抱く。T大紛争を巡る混乱の中で、心病む和香子は闘争の有効性に疑問を持ちながら、Y講堂にも出入りする。急接近した二人は六九年二月、冬の北海道への初の旅に出た。帰京した二人は、新幹線爆破事件の容疑者として逮捕される。予期せぬ罠にはめられた二人の孤独な闘いが始まる。

湿原(上) (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前科者に対する世間の目は好奇でかつ厳しい。その偏見が新幹線爆破事件の犯人に仕立てられてしまう。取調べの攻防、拘置所、公判のリアルな展開に引きずり込まれる。2016.8.28

  • 非常に面白かった。

    去年読んだ中では『破戒』がベストでしたが、今年度は恐らくこれが私のベストだろうと。

    元々、精神科クリニックの院長先生のおすすめで、読んでみようと思った事がきっかけ。


    主人公厚夫さんの人間性が、私には魅力的でした。時折覗かせる人間らしさや、ストイックさ、脆さなど。
    ストーリーの流れもよく、人を惹き付け、やきもきさせ、停滞した状況から、後半にきて一気に引き上げる。
    続きがとても気になります。

全2件中 1 - 2件を表示

湿原(上) (岩波現代文庫)のその他の作品

湿原〈上〉 (新潮文庫) 文庫 湿原〈上〉 (新潮文庫) 加賀乙彦

加賀乙彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

湿原(上) (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする