郊外の文学誌 (岩波現代文庫)

著者 : 川本三郎
  • 岩波書店 (2012年1月18日発売)
3.60
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 23人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021955

作品紹介

明治後期から戦後に至る東京の「郊外」の発展と文学芸術作品との関わりを論じた評論集。都市の発展史、鉄道や映画、住宅開発の歴史にも及ぶ。著者は、国木田独歩から庄野潤三まで本書で取り上げた作家は作品がたちあがる場所を大事にしており、過去のしがらみの少ない郊外の住宅地は、個の姿がくっきりと見えてくる新しい場所であると語る。

郊外の文学誌 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ●:引用
    ●本書の「郊外」とは、荷風のいう「郊外」とは違って、この震災以後の西への発展によって生まれた「ええ郊外住宅地」のことをさしている。まだ雑木林や麦畑が少し残っている。そこに和洋折衷の文化住宅が建てられてゆく。市中の会社へ電車によって通勤してゆく会社員の家族が移り住む。石井桃子の童話「ノンちゃん雲に乗る」や島津保次郎監督の映画「隣の八重ちゃん」などで描かれた小市民の平穏な暮らしが生まれていく。それは昭和の戦争の時代が始まる前に生まれた、奇跡のような「一瞬の郊外のユートピア」だった。戦争によってまたたくまに失われてしまうが、郊外はつかのまの平和があった。本書は、この震災後の郊外住宅地にわずかな期間に生まれた「郊外の平穏」を、主として文学作品を通して記述したものである。

  • 東京の西への郊外化がよくわかった。
    ボクも中央線の国立に住んでいたことがあったので、中野や荻窪なども懐かしく読んだ。
    それにしても、郊外というテーマでこれだけの文学作品が出てくるのも、知識というより教養なのでしょうか。すごいなぁ・・・と思いながら読み進みました。
    庄野潤三論が最後に来ていますが、作者がまとめとして中心的な思いがあったのかなぁとも思います。
    「煩わしいことは人の耳に入れない。いいことは、みんなで喜びを分かつ」とはいい言葉ですね。

  • 明治後期に代々木や渋谷に郊外を発見した花袋、独歩から、川崎市生田の丘の上に暮らした現代の庄野潤三まで、文学作品に描かれた東京郊外の消長を丹念にたどっている。著者の東京の町歩きの経験と中央線沿線で暮らしてきた郊外住民としての実感により、郊外を取り上げた文学作品とその場所について、思いがけない新しい視点から語っている。著者と同じく、生まれてからの郊外生活者なので、個人的思い出と本書の内容が重なり合って、とても得難い楽しい読書の時間が持てた。本書で描かれた「歩行の東京」と「電車の東京」に続いて、「車の東京」が何時か取り上げられることが有るのだろうか。

全4件中 1 - 4件を表示

郊外の文学誌 (岩波現代文庫)のその他の作品

郊外の文学誌 単行本 郊外の文学誌 川本三郎

川本三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ショーン・タン
三浦 しをん
江國 香織
NHK「無縁社会...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

郊外の文学誌 (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする