田辺元・野上弥生子往復書簡(下) (岩波現代文庫)

制作 : 竹田 篤司  宇田 健 
  • 岩波書店 (2012年3月17日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006021979

作品紹介

京都学派を代表する哲学者田辺元と、著名な女流小説家野上弥生子が、晩年の六五歳から田辺の亡くなる前年までの一〇年間にわたって、文学、哲学を巡って交わした往復書簡集。時代を代表する哲学者と作家、しかも同年の男性と女性が、高度に知的な愛情関係をもち、親しく書簡の往復をかわしたことは、戦後日本思想史の特筆すべき一大ドキュメントである。下巻:一九五六‐一九六一年。

田辺元・野上弥生子往復書簡(下) (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 皇太子の結婚式の招待を断ったことや、結婚式など猥雑だなどと書いていたり、湯川秀樹が学者らしくなく、原子力株式会社ができたら社長にでもなれる・・と笑い話にしていたとか、田辺はまた、電気会社の横暴さを非難し、できるだけ電気の世話にはなりたくないというなど・・・、秘められた書簡集だからこそ、おもしろい内容がたくさんあった。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

田辺元・野上弥生子往復書簡(下) (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする