花のもの言う――四季のうた (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006022037

作品紹介・あらすじ

西行、定家、和泉式部を始めとする中世や平安の歌人を中心に「万葉集」から近世俳諧までの歌や句、「源氏物語」や「枕草子」「徒然草」などの文章を引いて、春夏秋冬それぞれの季節を彩る花、植物、風物がどのように歌われ、描かれているかをたどり、それらの作品に込められた古人の自然観や美意識を解読する。平明な語り口のなかに、蓄積された古典文学の豊かな学識が随処に姿を見せる。日本の古典詩歌の世界に読む者を誘い、古典文学の魅力を解きあかす随想集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古歌には花鳥風月ということなのでしょうが、特定できない花や動物も多いことを知った。
    また、食事や顔について詠まれることが少ないこともわかりました。
    食事は動物的と考えられたんですね。
    また、直接的に顔がいいとか悪いとか表現するのも品がなかったのかもしれない。
    和歌はよくわからない・・理由が、単純に表現されたものがイメージできないということでもあるのですね。それは学者にとっても同じなのですから、少し安心した気分でもあります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1933年東京生。専門は和歌文学・中世文学。文学博士。東京大学名誉教授。著書に『花のもの言う』(新潮社)、『野あるき花ものがたり』(小学館)、『歌の花、花の歌』『ことばの森-歌ことばおぼえ書』(明治書院)、『隅田川の文学』(岩波書店)、『新古今和歌集全注釈』全六巻(角川学芸出版)、『藤原定家全歌集』上下(筑摩書房)など。07年瑞宝重光賞。13年文化功労者。

「2018年 『和歌文学大系45 古今和歌六帖(上)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

花のもの言う――四季のうた (岩波現代文庫)のその他の作品

久保田淳の作品

花のもの言う――四季のうた (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする