現代語訳 徒然草 (岩波現代文庫)

著者 : 嵐山光三郎
  • 岩波書店 (2013年11月16日発売)
3.55
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006022310

作品紹介

『徒然草』は、中世の隠者文学の代表作であり、日本の随筆の中でも最も親しまれてきた古典である。著者兼好法師の人生観、政治観から、人物論、世相を反映した逸話、四季の自然の描写など、多彩な話題が取り上げられる。自由闊達、ユーモラスな訳により、賢人が時代を超えて現代の読者に直接語りかけるように楽しめる。

現代語訳 徒然草 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「かげの声」がおもしろい。これから原文を読もうとしている者にとって、それは良かったのか悪かったのか。だがその「かげの声」が兼好を身近な人にしてくれた。

  • 名誉やお金もうけに気をとられて、静かに暮らす余裕もなく、一生をあくせく過ごす人は馬鹿ですよ。
    財産が多ければ自分の身を守るのが大変で、災いのもとになる。財産を残してそれが北斗星に届くほど多くなっても、後に残された子は金の処分に負われて、財産なんて厄介なものになる。

  • 意訳が過ぎて合わない。あくまでこの人との読み方として参考にすべき。岩波原文のほうが硬くてよいし注釈もしっかりしている。飛ばされているところもあり癪。勝手に、兼好を自意識過剰気味に仕立てるのも不快。ところどころいい訳の段もある。

  • 原文を読みたいと思いつつもなかなか億劫で手を出せなかったので、思い切って現代語訳を読むことに。兼好法師に親しみがわいた。こんなおっさんだったのか!笑 世の中をちょっと斜めに見ているおっさん。その視点は鋭い。くすっと笑えるところもあれば、図星でぐぅと詰まるところもあり。かなり易しく訳しているので、時折眠たくなったが、それでも楽しみながら読めたし、古典原文への抵抗感も減った。色々な人の現代語訳を読みたいし、いずれは原文もきちんと読みたい。その前に古典は復習しなきゃ単語や文法がわからん^_^;この現代語訳を鵜呑みにしてはいけないと思うが、大意をつかんだり、とりあえず内容を知りたいという人には読みやすくて良いと思う。

  • わかりやすくて楽しく読ませていただきました。
    そんなことが書かれていたんだなぁ・・・・といまさらながら思いました。
    外国の翻訳ものは現代語で読むのですから、日本の古典はほとんど現代人にはわからないのですから、このような現代語訳はもっともっと積極的に出してほしいものです。
    研究するのではなくて、単純に何が書かれているのか知りたいだけなのですから・・・・。

  • より身近に感じられるよう意訳に過ぎる所もあるが,兼好法師の言わんとした裏の意を,かげの声,として記載していたり,読了後に徒然草の世界観が現代と全く違和感なく填っている不可思議な感覚を覚える.話題も多岐に渡っており,面白い.

全6件中 1 - 6件を表示

嵐山光三郎の作品

ツイートする