猪飼野詩集 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006022327

作品紹介・あらすじ

大阪市生野区猪飼野-一九七三年二月一日を期して、その町名が消えた朝鮮人密集地である。朝鮮人の原初の姿が風化されずに残る地域として知られる。猪飼野で暮らした記憶をたどりながら、その集落での生活を語る連作詩集。「詩こそ人間を描くものだ」という作者の思いが見事に表現された代表作。書下ろしの自著解題を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「おしやられ/おしこめられ/ずれこむ日日だけが/今日であるものにとって/今日ほど明日をもたない日日もない。/昨日がそのまま今日であるので/はやくも今日は/傾いた緯度の背で/明日なのである。/だから彼には/昨日すらない。/明日もなく/昨日もなく/あるのはただ/狎れあった日日の/今日だけである。」(日日の深みで(1))
    ---
    「川は/暮しをつらね/暮しは/川をへだてる。/川をへだてて/集落があり/集落をへだてて/街がひろがる。/街はながれる川を知らず/川はひろがる海を知らない。」(へだてる風景)

  • 昨今のヘイト・スピーチからの視点で著書を読むと胸が痛む。
    なぜ貧困なのかは差別があるからであり、その貧困が連鎖して、一定の土地から抜け出すことができない。
    単純に今ある現象だけで、悪意を持ったり、差別を助長する愚かさを知らなければならない。

  • 近くて遠い、、、でも少しずつ近くなってますよね。。。

    岩波書店のPR
    「大阪市生野区猪飼野――1973年2月1日を期して、その町名が消えた朝鮮人集住地である。朝鮮人の原初の姿が風化せずに残る地域として知られる。猪飼野で暮らした記憶をたどりながら、その集落での生活を語る連作詩集。「詩こそ人間を描くものだ」という作者の思いが見事に表現された代表作。巻末に書下ろしの自著解題を収録。」
    岩波現代文庫『猪飼野詩集』moreinfo
    http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/6022320/top.html

全3件中 1 - 3件を表示

猪飼野詩集 (岩波現代文庫)のその他の作品

猪飼野詩集の詳細を見る 単行本 猪飼野詩集 金時鐘

金時鐘の作品

ツイートする