幻の朱い実(下)〈石井桃子コレクションII〉 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006022532

作品紹介・あらすじ

日常を楽しみ、手紙を交わし、深い信頼で結ばれて青春をともにした明子と蕗子。不治の病を背負った蕗子は、やがて帰らぬ人となった。それから半世紀をへて、蕗子の大切な思い出をまもる明子のまえに、思いもかけない事実が明らかにされる。戦前の昭和を生きた女性の息づかいと秘められた謎を、研ぎすまされた文体で見事に描ききる。全二冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 解説(川上弘美)によると、この小説は石井桃子79歳の時に書き始め87歳で上梓したとある。当然の帰結として、下巻は近しい人たちの病と死が重なり、老いゆくことの憂いや葛藤の描写が重々しくこれはちょっと身に堪えた。若くして死んだ親友蕗子との思い出を揺るがす種明かしも私には興醒めする内容であった。もっとも主人公の明子は家庭の切り盛りと仕事に精を出し、激動の時代を生きた女性の一生としての読み応えは素晴らしい。(あのクマの物語が翻訳された過程は多分実話なのだろう)故に我儘で自由奔放で一途な蕗子の孤独が遣る瀬無く心に残る。

  • 第3部に数十年後の明子たちが描かれている。

    明子と蕗子、またそのほかの人たちとも、手紙のやり取りがすごい。今のメールのように頻繁に行き交う。
    そしてインターネットなんてものがない時代、人と人との関わりが今よりももっと大事なものだったのだと教えてくれる。

    石井桃子さんが若い時の日本はこんな風だったのだろうか。

  • 三部はいきなり数十年後。
    必要なのかな・・と思いつつ読み進める。
    明子がもしかすると著者なのかな…とふと思った。

  • 下巻。
    第2部までは戦前を舞台にしていたが、第3部は戦後暫く経ってからを舞台にしている。よって主人公の明子はすっかり老婦人になり、夫も既に亡くしている。
    この第3部では、第2部の終わりに結核で亡くなった友人、蕗子の過去にあったある出来事が、登場人物にとっては重要な意味を持っている。明子が古い手紙を必死に調べる姿を見ていると、蕗子に対する感情も愛憎半ばしたところがあったのかもしれないなぁ、と、ふと思う。
    決して明るいストーリーではない。まだ戦争は始まってはいないが、何となくきな臭い時代が作中の大半を占め、戦後の第3部でもどうしようもない別れはやってくる。ラストシーンで見られる烏瓜は、あの日、蕗子の家で見たものとはまるで違っている。タイトルにもなっているが、『幻の朱い実』とは、『もういなくなってしまった人』であり、『過ぎ去った時代』でもあるのではないか?
    それでも、作品の雰囲気が非常に明るいのは、矢張り闊達な文体で描かれる、女性同士の友情がとても華やかで楽しそうに見えるからだろう。
    ところで、この作品、児童文学作家が書いたせいでもないだろうが、何となくこの小説は『少女小説』なのでは? ……という気がしている。
    幻想の中の少女性、現実を忘れる一時の夢としての少女小説を書いたのが吉屋信子だとすれば、本作はビルドゥングスロマン、教養小説としての少女小説ではないか、というようなことを読んで思った。

全5件中 1 - 5件を表示

幻の朱い実(下)〈石井桃子コレクションII〉 (岩波現代文庫)のその他の作品

幻の朱い実〈下〉 単行本 幻の朱い実〈下〉 石井桃子

石井桃子の作品

ツイートする