エッセイ集〈石井桃子コレクションV〉 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006022563

作品紹介・あらすじ

愛する自然や暮らしのこと、子どもと子どもの本への熱い思い、忘れられない人々やできごと…。著者の人柄と思索のにじむ滋味豊かな文章で、ゆるやかに生涯の歩みをたどる。生前刊行された唯一のエッセイ集を大幅に増補し、未発表の二篇を含む選りすぐりの八五篇を収める充実の一冊。巻末に主要著作リスト、年譜を付す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んでいるだけで心が洗われるような文章だった。文章自体もそうだけど、何よりも筆者の持つ視点が心地よかったんだと思う。もっといろいろなエッセイを読みたい。

  • 今年の1月から毎月1冊ずつ刊行された岩波現代文庫の「石井桃子コレクション」が、5月の『エッセイ集』で完了しました。このエッセイ集は1999年に刊行された『石井桃子集7 エッセイ集』をベースに新たに27篇の新しいエッセイが加わっています。自然や暮らしのエッセイでは石井さんの豊かな感受性に触れ、子どもと本に関わるエッセイでは、ここまで子どもを理解して本を書いたり翻訳されていたのかと、改めてその偉業について思いを馳せることができました。1950年代から2002年までの50年以上に及ぶ期間に書きためられた85篇のエッセイに一貫してあるのは、「子どもに寄り添う」という思いのように感じました。

  • どのエッセイも面白く読みやすい。

  • 石井桃子コレクション第5巻は『エッセイ集』。未発表エッセイを2本収録。
    テーマも様々で、日常のこと、児童文学について、過去に出会った人々について……など。

全4件中 1 - 4件を表示

石井桃子の作品

ツイートする