口訳万葉集(上) (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006022877

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 3冊買ってみました。毎晩ちょっとずつ読んでいます。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1887年~1953年。国文学者、民俗学者、歌人、詩人。歌人としての名は「釈迢空」。大阪府木津村生まれ。天王寺中学卒業後、國學院大学に進み、国学者三矢重松から恩顧を受ける。國學院大学教授を経て、慶応義塾大学教授となり、終生教壇に立った。古代研究に基を置き、国文学、民俗学の域に捉われることなく学問研究を続けた。代表作に『古代研究』『口訳万葉集』『死者の書』、歌集に『海やまのあひだ』『倭をぐな』(角川ソフィア文庫『釈迢空全歌集』に収録)等がある。没後、全集にまとめられた功績により日本芸術院恩賜賞を受賞。

「2017年 『死者の書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

折口信夫の作品

ツイートする