またの名をグレイス(上) (岩波現代文庫)

  • 岩波書店
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 99
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006023010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とても面白い。これは訳も素晴らしいのだと思う。

  • 主人公の名はグレイス・マークス。実在した「女殺人犯」。1843年、カナダの田舎町で女中をしていたグレイス(当時16才)は、同僚の男性使用人ジェイムズ・マクダーモットと共謀して、雇用主である地主トマス・キニアと女中頭のナンシー・モンゴメリーを殺害して逃亡。逃走中は親友であったメアリー・ホイットマンの名を偽名として名乗っていた。逮捕後、ジェイムズのほうは絞首刑となるがグレイスは終身刑となる。

    15年後、懲治監に入れられているグレイスは模範囚として、日中は監長の自宅で働いたり監長夫人の趣味のサロンに出入りを許されているが、サイモン・ジョーダンという若い野心家の医師がグレイスの精神分析をするために訪れるようになる。物語はこのサイモンの調書的なものや手紙、グレイス自身の話、さらに多用されるエピグラフなどさまさまな断片で構成されている。

    グレイス自身は事件当時の記憶がなく、自分は無実であると主張しており、世論はグレイスを悪い男に唆され共犯者に仕立て上げられた被害者とみるむきと、処刑されたジェイムズが証言したようにグレイスのほうが稀代の悪女で、主人キニアのお気に入りであるナンシーに嫉妬するあまりジェイムズを誘惑して殺人を実行させたとする説に分かれ、たとえば監長夫人のような人物はセレブの慈善事業の一環としてグレイスを擁護、無罪を証明する活動をしたりしている。

    マスコミは現代と同じく面白可笑しく事件をスキャンダラスに取り上げるだけで嘘だらけ、これまでにグレイスの鑑定をした医師も、彼女を狂人であるとする者もいれば、あれは巧妙な演技だと主張する者もいて、誰もグレイスの「正体」を見抜けない。北アイルランドからの貧しい移民で苦労人のグレイスは淡々としており、何もかも諦観しているように見える。果たして真実は・・・?

    上巻の時点ではまだなんとも五里霧中。ただ大勢の弟妹の世話をしながら移民してきたグレイスの生い立ちや、女中としての毎日の細々した仕事、さまざまな名前や由来のあるキルト作りについて、カナダに来て最初の勤め先で仲良くなったメアリー・ホイットマンとのエピソードなど、あの時代を生きた一人の女の子の物語としてそれだけでも十分面白く読めた。メアリーがいた頃は女中とはいえ毎日楽しく、職場を転々とした後ついにキニアに雇われ、気まぐれなナンシーにちょっと意地悪されたりしているのも、カルピス名作劇場のアニメを見るような感覚だった。

    しかし気になるのは、グレイスがショックで気絶し目覚めたときに自分がグレイスでなくメアリーであるかのような言動をしたこと、あとクリスマスにメアリーから手袋を貰ったはずなのに後半で自分は誰からも手袋を貰ったことがないから持っていないと言っていたり、もしかしてメアリー=グレイスは同一人物なのか?それとも二人はどこかで入れ替わったのか?という疑問がふと沸いたりもする。下巻が楽しみ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1938年生まれ。英語圏を代表する作家。『侍女の物語』は女性の抑圧をめぐるディストピア名作として世界でロングセラー。『誓願』『昏き目の暗殺者』『洪水の年』など。ブッカー賞をはじめ受賞多数。

「2021年 『デカメロン・プロジェクト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーガレット・アトウッドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・ウィリア...
マーガレット・ア...
ウンベルト エー...
劉 慈欣
ウンベルト エー...
カーソンマッカラ...
カーソンマッカラ...
サマセット モー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×