石の肺 僕のアスベスト履歴書 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006023270

作品紹介・あらすじ

自身の電気工時代の体験を振り返り、被害の最前線を歩いた作家が、「静かな時限爆弾」アスベスト禍の実態を明らかにした傑作ノンフィクション。著者を襲うアスベスト曝露による胸膜炎。喘息の大発作。止まらぬ咳、熱、重い疲労感。不安と鬱……。職人仲間の肉声を交え、苦しみ続ける被害者の訴えを記す。(解説=武田砂鉄)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  建物を壊すときにアスベストがあったためその除去作業をしなければいけない、そんなことを知ったのはいつ頃からだったろうか。
     ただ断片的にしかアスベストのことは知らなかったし、とりわけこれだけ沢山の人たちが長年被害に苦しんでいることは本書を読んで初めて知った。

     熱に強い、火に燃えにくい、引っ張っても切れにくい、絶縁性が高くて電気を通しにくい、しかも外形はフレキシブルで柔軟性がある。   
     確かに「奇跡の物質」と呼ばれ重宝されて使われてきたことが分かる利便性で、それだけにある時期までは積極的に使用が勧められてきたほどであった。それが肺などに重大な疾患を引き起こしてしまう。
     本書は、かつて電気工として働いていた時にアスベストの危険性を知らずに曝露してしまい健康被害に今なお苦しむ、作家である著者唯一のルポルタージュである。

     著者が本書を書くに至ったのは、危険な仕事に携わなければならない誰か、それら誰かの声を、労働現場の実際を知っていてその後作家となった自分が語ることが必要だと思ったからと言う。
     当事者ならではの体験がリアルに描かれるとともに、アスベスト被害を訴える人々や医療関係者、アスベスト関係企業に勤めていた人たちに取材し話を聴いていくことで、この問題の孕む重要性や、末端労働者に皺寄せがいき、また救済が届かない社会的矛盾に気付いていき、そして声高ではないが、この問題を事実上放置してきた国の怠慢に批判が向けられる。

     本書の元版が刊行され10年以上が経ち、国賠訴訟に判決が出されるなどした一方、本書に登場した人々を含め死亡者が増加している厳しい状況が続いている。
     原因等は異なるがコロナ禍に社会が翻弄されている現在、時宜を得た再刊である。

     

  • 916-S
    文庫

  • 2007年に単行本として、2009年に文庫本として新潮社から出された著者唯一のルポルタージュが岩波現代文庫で蘇りました。この作家の作品は限られたものしか読んでいませんが、電気工時代のアスベスト禍による病気との向き合いが彼の創作の底流にあることは知っていましたし、また東日本大震災についてのスタンスも新聞などに寄稿されたもので読んでいました。圧倒的に自分に起こったことから世界を見ていく私小説家であることに畏敬の念をもっていました。その彼が小説とかエッセイという表現をとらずに自らのアスベスト禍についての取材をいま再び出版するのは意図していないにしてもコロナ禍の時代に召喚されているのだと思いました。禍の時代は、社会の構造の問題を明らかにします。「いのち」か「経済」か、という二者択一を持って、問題を末端に先送るのは、また同じように繰り返されています。本書に出てくる親方を始めとするリアルにまみえることで毎日を送っている人々の存在をリモートワークやニューノーマルという言葉が取りこぼしている感覚を痛みとして覚えました。作者の肺の中に存在する永遠不滅のアスベストのように胸をチクチクさせる本です。

  • 父が建築士だった。中皮腫になり、国から補償を受けることとなった。母に渡されたのがこの本だ。
    本人は施行中の現場に頻繁に行く仕事でもなかったのに、と首を傾げていたが、本書を読み納得した。誰でも罹り得る時限爆弾が、あらゆる場所に未だ残っていることに。
    人体にこれだけ有害と分かりながら、元石綿業の人が、有用な物質である、と言ってるのが怖かった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

佐伯一麦(さえき・かずみ)
1959年、宮城県仙台市生まれ。仙台第一高等学校卒業。上京して雑誌記者、電気工などさまざまな職に就きながら、1984年「木を接ぐ」で「海燕」新人文学賞を受賞する。1990年『ショート・サーキット』で野間文芸新人賞、翌年『ア・ルース・ボーイ』で三島由紀夫賞。その後、帰郷して作家活動に専念する。1997年『遠き山に日は落ちて』で木山捷平賞、2004年『鉄塔家族』で大佛次郎賞、2007年『ノルゲNorge』で野間文芸賞、2014年『還れぬ家』で毎日芸術賞、『渡良瀬』で伊藤整賞をそれぞれ受賞。


「2019年 『山海記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐伯一麦の作品

ツイートする
×