ハルコロ (1) (岩波現代文庫 文芸 338)

  • 岩波書店
4.00
  • (4)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 88
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006023386

作品紹介・あらすじ

今からおよそ600年前、和人が本格的に侵入する前の豊かな自然の中で、アイヌの人々はどんな暮らしを営んでいたのか。「いつも食べる物がある」という意味の名をもつアイヌの女性ハルコロの生涯を軸に、日々の手仕事や狩猟の様子、祭り、誕生と死にまつわる文化など、アイヌの世界を生き生きと描く物語。(解説=中川裕)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハルコロ (1) - 岩波書店
    https://www.iwanami.co.jp/book/b583359.html

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      アイヌ文化を描く漫画は『ゴールデンカムイ』だけじゃない 石坂啓の隠れた名作『ハルコロ』の現代性|Real Sound|リアルサウンド ブック...
      アイヌ文化を描く漫画は『ゴールデンカムイ』だけじゃない 石坂啓の隠れた名作『ハルコロ』の現代性|Real Sound|リアルサウンド ブック
      https://realsound.jp/book/2021/06/post-802629.html
      2021/07/02
  • 本多勝一『アイヌ民族』(朝日文庫)を原作とし、萱野茂が監修についたコミック。全2巻。
    1992年に潮出版社から刊行されていたが、長らく絶版となっていたもの。2021年に岩波現代文庫として復刻された。

    アイヌの風俗を織り込みながら、大人に向かう少女の心情が少女漫画的に丁寧に描かれていく。

    舞台は600年ほど前の北海道。
    和人がやってくる前のアイヌの世界である。
    ハルコロは主人公の少女の名。「いつも食べる物がある」という意味である。
    アイヌの子は小さいうちは名を付けられない。ハルコロと呼ばれる前は、少女はオペレ(おちび)と呼ばれていた。
    名前の他にも、大人の女と認められるには「通過儀礼」がある。アイヌの大人の女性は口や手に入れ墨を施すことになっている。ある日、コタン(アイヌの村)に入れ墨名人のおばさんがやってくる。少女たちは痛みに耐えながら、入れ墨を入れる。
    そうしたアイヌの風俗は物珍しいが、一方で古今東西変わらぬのが恋。娘になったハルコロも、小さいころから知るウナヤンケに秘めた想いを抱いている。いとこで美人のウマカシテは隣のコタンのペケンノウ"ク"("ク"はアイヌ語仮名の小書き文字を示す)に夢中。実はウナヤンケは、父親と共にペケンノウ"ク"の家の召使として働いていて、何やら事情がある模様。ウナヤンケに想いを伝えたいハルコロだが、意外にもペケンノウ"ク"がハルコロに想いを寄せている。それを知ったウマカシテは、当てつけのようにウナヤンケに近づいていく・・・。さぁ、どうなる、四角関係!?

    そんなハルコロたちの暮らしと織り交ぜて、アイヌの神話や昔話が語られる。
    人間(アイヌ)たちに興味を持ち、試練を乗り越えてコタンにやってきて、さまざまなことを教えてくれたオキクルミカムイのこと。アイヌの暮らしを豊かにしようとコタンを訪れてはアイヌに撃たれ、肉や皮を与えてくれるキムンカムイ(「山の神様」=クマ)のこと。刈り取りを忘れられて「エノイラナー ウノイラナー(おれを忘れたよー)」と泣く小さな粟の実の神様のこと。
    動物の姿をしたカムイたちが「死ぬ」と、その魂は耳と耳の間に座り、アイヌたちのもてなしの饗宴を楽しむ。アイヌたちはそうして、カムイの魂を丁重に神の国へと返すのだ(この「耳と耳の間に魂が座る」という表現はなかなおもしろい。意識が脳に宿ることをアイヌたちは知っていたのか)。
    自然の恵みはカムイたちの訪れ。必要な分だけ受け取り、感謝の捧げものを忘れない。大地と共に生きるアイヌの暮らしが浮き上がる。

  • 娯楽というよりはお勉強本。漫画だけれど漫画表現を使ったことによってアイヌのことがより身近にビビッドに伝わってくるのがよいですね。ゴールデンカムイを途中にして読んだのだけれど、時代としてはこちらのほうが前なんですね。アイヌがアイヌの文化を守りながら平和に暮らしていたことが伺えます。そこには当たり前の恋心や嫉妬心やそういったものもちゃんとあって当たり前の幸せな暮らしがあったのだということがこれも当たり前なのだけれど沁みて伝わってくるのもまた漫画表現ならではなのでした。

  • 猟の道具_漁の道具 歓待されるたびにあの若者の踊りを楽しみました 群盗 本田勝一かついち 東北地方の各所にアイヌ語が多いことはよく知られた事実です アイヌとは人間を意味するアイヌ語です 狩猟や漁撈を主とするアイヌ社会に対して 英雄コシャマイン父子の戦死で敗北します 特に砂金のゴールドラッシュで毎年万単位の鉱夫が北海道へ渡ったようです アイヌの民族英雄シャクシャインを中心とする大蜂起は 無頼の徒 侵略以前のアイヌ社会 雄大な伝承物語 コタンの口笛 志村喬 森と湖のまつり 三國連太郎 

  • 【内容紹介】今からおよそ600年前、和人が本格的に侵入する前の豊かな自然の中で、アイヌの人々はどんな暮らしを営んでいたのか。「いつも食べる物がある」という意味の名をもつアイヌの女性ハルコロの生涯を軸に、日々の手仕事や狩猟の様子、祭り、誕生と死にまつわる文化など、アイヌの世界を生き生きと描く物語。(解説=中川裕)

    大阪府立大学図書館OPACへ↓
    https://opac.osakafu-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000950301

全5件中 1 - 5件を表示

石坂啓の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×