怠け数学者の記 (岩波現代文庫)

著者 : 小平邦彦
  • 岩波書店 (2000年8月17日発売)
3.78
  • (11)
  • (7)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :120
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006030193

作品紹介・あらすじ

数学を理解するとは、数学的現象を「数覚」という感覚で「見る」ことである。「数覚」は感覚なので頭の良し悪しとは関係がない。フィールズ賞受賞数学者が数学に対する独自の考え方を披瀝し、自らの学習経験や留学生活のエピソードを綴りながら、日本の数学教育に提言する。学ぶことの楽しさが溢れるエッセイ集。

怠け数学者の記 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 数学について、外国生活について、教育について、示唆的なエッセイである。大家ばかり出てきて、すごいなぁと思う。数学が学びたくなってきた。

    だぶって書かれている部分が目立つが、編集でなんとかならなかったのだろうか。

  • 2000年(底本1986年)刊。日本初のフィールズ賞の受賞者たる著者の数学・算数教育論、数学研究の回顧録、プリンストン大学留学記などをエッセイ風、対談で収録した書。著者の手による「ボクは算数しか出来なかった」と相当被る。また、数学研究の回顧録は専門的すぎて、字面を追っただけかもしれない。著者は元スタンフォード大学教授、東京大学名誉教授。ちなみに「数学を理解するとは、数学的現象を『見る』、数覚によって知覚する」という著者の言には、首肯するとともに、数学が自分からは遠い地平にある意を強くしてしまったところ。

  • -----------------------------------------------------------
    数学を理解するということは、その数学的現象を「見る」ことである。「見る」というのは勿論目で見るのとは異なるが、ある種の感覚によって知覚することである。私はかつてこの感覚を「数覚」と名づけたことがある。....数覚の鋭さは、一寸説明し難いけれども、論理的推論能力とは異なる純粋な感覚であって、数覚の鋭さは、たとえば聴覚の鋭さ等と同様に、いわゆる頭の良し悪しとは関係がない。...将来人類が進化して数覚が発達した暁には、現在われわれが苦心して証明している定理が数覚によって一目両全に証明なしにわかるようになるのではなかろうか?(P.24-27)
    -----------------------------------------------------------

    フィールズ賞数学者、小平先生のエッセイ、回顧録。いろんなところに投稿したものを集めたもののようなので内容に重複があるのはいまいちだが、さすが天才数学者のエッセイで参考になります。

    小平先生はよくこの数覚について語っています。わたしも同感です。学生時代に異様に数学のセンスがよい友人がいましたが、彼がではものすごい頭が鋭く切れまくりか、というとそんな感じもなく、ぼーっとしている印象でした。頭の良さと数覚が違うものだ、と小平先生は良く語っていますが、同感です。目が良い、というのと同じように、数覚が良い、といったレベルのものなのでしょう。そう考えるほうが、ガロアやガウス、リーマンといった天才数学者たちの存在が納得できます。彼らは異常に頭が良い、というよりは、人に見えない数学的現象が見えてしまう、そういう風に捉えるほうが理解できます。ガロアは10代にして天才的な理論を打ち立てますが、人には見えないものが見えてしまったのでしょう。そして小平先生はこの数覚を磨くには、ピアノを習得するのと同じように日々の練習といった努力が必要である、と述べています。日々の努力ですね。私も磨いていきたいところです。

  • 数式が出てくるところはさっぱりですが、たとえば数学教育の迷走の部分などはなるほどなと思いました。
    プリンストンだよりなど読むと、いまほんの1、2週間海外出張で英語漬けの生活になってますが、共感できる内容が多いです。
    もう50年、60年も前の話なんですが、英語の苦労話なんかほんと似ています。

  • 「数学のノーベル賞」であるフィールズ賞の受賞者、小平邦彦氏によるエッセイ。「数覚」についての考察、日本の数学教育に対する警告や、単身渡米時代に奥様に充てた手紙集「プリンストン便り」など21の文章が収録されています。

    「数学は高度に技術的な学問である。すべて技術といわれるものを習得するには長い時間をかけて繰り返し練習することが必要である」(「ノートを作りながら」)との言葉を思い出しながら、数学に励む日々です。

  • 日本人初のフィールズ賞受賞者で、20世紀を代表する数学者小平邦彦のエッセイ集。重複する箇所も多いが、数学を使う人には是非とも一読を勧めたい。数覚という言葉に代表されるような小平独特の数学観や、計算やユークリッド幾何を重視するといった数学教育への提言など非常に興味深い。またアンドレ=ヴェイユら当代一流の学者達との交流の記録も面白い。筆者が一番印象に残ったのは一番初めの「ノートをつくりながら」である。これを読めば自分の数学の勉強の仕方がいかに甘いか、そして小平は決して怠け者ではなく、超人的な努力をした天才であることがわかる。

  • 「数覚」
    日本人初のフィールズ賞を受賞した小平先生のエッセイ集。
    ユーモアに富んだエピソードがあり、数学教育への提言も。
    私が気に入ったエピソードは、
    留学する際に解析概論で有名な高木貞治先生に推薦文を依頼した小平先生、
    無事留学することができて後日お礼を言いに高木先生を訪ねる。
    その時に高木先生が発した言葉は・・・

    和図書 410.4/Ko17
    資料ID 20102002994

  • 読みやすい。
    同じ文章が何度かでてくる。
    チラッと多くの有名人がでてくる。

  • 請求記号:410.4/コ
    資料番号:010764884
    数学に魅せられる本4冊②
    「私にとって数学の本ほど読みにくいものはない。」
    この一文から始まり,自分は怠け者だと語る,小平邦彦さんのエッセイ集です。筆者は日本人として初めてフィールズ賞(数学界のノーベル賞ともいわれる)を受賞した方です。

  • 内容的にルフラン多し。

全12件中 1 - 10件を表示

怠け数学者の記 (岩波現代文庫)のその他の作品

怠け数学者の記 単行本 怠け数学者の記 小平邦彦

小平邦彦の作品

怠け数学者の記 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする