読書術 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.59
  • (57)
  • (112)
  • (156)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 1204
感想 : 123
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006030247

作品紹介・あらすじ

急がば回れ、古典味読の精読術。新刊を数でこなそう速読術。臨機応変、読まずにすます読書術。原書に挑み、原語に触れる解読術。新聞・雑誌は看破術。難解本なら読破術。-書物の裏表を知りつくした著者が読書の極意を明快に指南し、読書と共にある人生のよろこびを語る。読書を愉む技術の徹底指南。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • p.ⅲ
    どういう本を読んだらよかろうか、ということは、一般的には決められません。どういう女を口説いたらよかろうか、という、だれにも通用する標準などあるはずがないのと同じことです。

    p.08
    読書はまた愛の行為に似ています。社会の全体から切り離されて、あなたはただひとりの相手との関係のみに生きる。

    のっけから、引き込まれた。
    本を読み、得られる、一種の快感や恍惚はこれかもしれない。

    受け身ではないということ。
    映画では替え難い満足感を、簡潔な言葉で言い表してくれた事に感謝を述べたい。
    (勿論、映画も素晴らしい表現芸術なので、好きには変わりないのだが。)

    5章の「本を読まない「読書術」」の中の、
    読んだふりで話をして、相手から話を引き出す話の運び方は面白かった。
    これはどんなお喋りや会席の場でも通ずるし、
    今まで年長者との会話の大半はこれを反射的にやっていた気がする。
    相手を乗せて、喋らせて、大いに学ぶ。
    博識な方ほど、どんどん流れは止まらないのだから。
    それがまた本を読むことに繋がっていくというのだから、面白い。

    ・知的好奇心の無制限な満足。
    ・別のもう一つの世界へはいって行くこと。身のまわりの世界からの出発。
    ・日本語の美しさと魅力を知るということ。
    本を読む愉しさは、限りない。

    あまりにも格好がよく、ウィットに富んだ
    流れるように美しい珠玉の言葉の連続で、
    著者の知性に酔ってしまった。

    著者の別の本を読んだことがあったが、軽やかさが違う。
    高校生へ向けた、からかもしれない。
    これはもう、本当に、愉しんで書いたのだろうなぁと伝わってくる、本への愛情が詰まったエッセイ。

    読書があまり好きでない方にも、ぜひ読んで貰いたい。

    1962年の文章というのに驚き。
    まったく色褪せない。

    旅をするように、恋をするように。
    いつも鞄には森鴎外を潜ませて。。
    今日も、新たな出会いを楽しみに、本を愛でましょう。

  • 加藤周一(1919~2008年)氏は、東京帝大医学部卒の医学博士(専門は内科学、血液学)、評論家。上智大学教授、イェール大学講師、ブラウン大学講師、ベルリン自由大学およびミュンヘン大学客員教授、コレージュ・ド・フランス招聘教授、ブリティッシュコロンビア大学教授、立命館大学国際関係学部客員教授、立命館大学国際平和ミュージアム館長などを歴任。北米、欧州各国に在住し、英語、仏語、独語なども操った、戦後日本を代表する国際的知識人の一人。
    本書は、1962年に『頭の回転をよくする読書術』(光文社)として刊行されてベストセラーとなり、2000年に岩波現代文庫で復刊されたもの。
    本書では、著者の、自然科学から人文科学までの幅広い分野の研究、日本語に留まらない各国言語との接触などの経験に基づいて、おそく読む「精読術」、はやく読む「速読術」、本を読まない「読書術」、外国語の本を読む「解読術」、新聞・雑誌を読む「看破術」、むずかしい本を読む「読破術」という、多角的な視点からの読書術が披露されている。また、もともと口述筆記により作られているため、表現もソフトで非常に読み易い。(丁寧すぎて少々くどさを感じるくらいである)
    私はこれまで、『本を読む本』(モーティマー・アドラー他)、『現代読書法』(田中菊雄)、『読書について』(ショウペンハウエル)、『読んでいない本について堂々と語る方法』(ピエール・バイヤール)、『本はどう読むか』(清水幾太郎)、『多読術』(松岡正剛)、『読書力』(斎藤孝)、『本は10冊同時に読め』(成毛眞)等々、古今東西の多数の読書論・読書術の本を読んできて、本書から新たに驚くべき発見があったわけではないが、以下のような気付きはあった。
    ◆日本語は漢字、ひらがな、カタカナが混じっているので、ページに目を晒すだけで、重要な漢字やカタカナの単語を見つけることができ、速読に役に立つ。
    ◆たくさんの本を読むためには、一冊ではなく、同時に数冊読むほうがよい。
    ◆「本を読まない法」の根本は、目的をはっきりさせて、目的に適う本を選び、そのほかの本は一切読まないこと。
    ◆政治・社会問題を扱った本・雑誌・新聞は、できるだけ違った種類のものを2つ読むこと。
    ◆読んだことのない本を読んだ振りをしたり、よくわからなかった本を分かった風に語ることは知的「スノビズム」の表れであり、文化の向上のためには大切なことである。
    ◆難しい本、分からない本は、その本が悪い本か、自分にとって不必要な本である。よく書かれた本で、本当に必要な本であれば、それが難しい、わからないということは本来ないはず。等。
    出版から60年を経ても通用する、幅広くオーソドックスな読書術といえる。
    (2021年5月了)

  • 加藤周一、二冊目。(角川ソフィア『文学とは何か』)

    買おうと思ったのは丸山眞男についての本で、ふと目に入ったのだけど、まあこの二人が繋がっていて面白い。

    「私のこれから会う人がたいていの偉い人でも、鷗外ほどではないのが普通です。」

    「鷗外の語るところを中断されるのが、残念なくらい」という筆者。笑った。本当だ。

    古典は遅く読む。

    現代文学は早く読む。書評を活用する。

    何冊も並行読みするべきだ。

    経験がなければ「分からない」文章はある。

    経験がなくとも「読んだふり」をして情報を引き出すことも大切である。

    中でも、自然科学の文章と、文学や哲学の文章の違いを挙げている所が面白かった。
    自然科学では、雑誌=今の情報が重要とされる。
    文学や哲学は、必ずしも今の情報を重要とはしない、そこに「私」という一人の人の存在がある。

    けれど古典だけに重きを置くものではなく、そこには不易流行が混在(語弊があるか)している必要がある。

    どれだけの量を読んでも、世界の知の全てを掌握することは最早不可能である。
    ならば、何を読むか。どのように読むか。
    後書きで、筆者は「日本語を読む」楽しみを挙げているが、何で読むか、も確かに大切だな。

    自分の人生を味わうために、重ねていく本が愛おしくなった。

  • 色んな人の読書術や”オススメ本に関する書籍には目がないオレですw

    本屋にいって特に気になる本が見つからなかったときなどはいつも誰かの読書術に関する本の中で紹介されている本を買ったりします。

    数ある読書術の本の中でも加藤周一さんの『読書術』は永久保存版でしょう。オレが言うまでもないことですがw

    持っておいて損はないと思います。



    ・おそく読む「精読術」

    ・はやく読む「速読術」

    ・本を読まない「読書術」

    ・外国語の本を読む「解読術」

    ・新聞・雑誌を読む「看破術」

    ・むずかしい本を読む「読破術」

    読書の技術としては以上の6つに分けて解説されています。

    どのジャンルの本を読むにしてもこれらのうちどれかを参考にできる形になっています。


    中でも、

    ・本を読まない「読書術」

    これがおもしろいです。




    オレも知り合いから、「一流の教養人になるには、読んでいない本でも読んだことがあるかのように内容を語るスキルが必要だ。」と言われたことを思い出しました。



    まあそうなるためには多読した経験という素地が必要なのでしょうが。



    とりあえず巷の読書術本と違ってずっと本棚に置いておき、たまに参考にしたくなるような本です。

  • 今は亡き「知の巨人」加藤周一が読書を愉しむ技術を高校生向けに著したもの。1962年出版のベストセラー。
    文章自体は平易なのだが、中身は相当広範囲な読書経験、知識経験がある読者でないと腹落ちしていかないような気がする。
    多少、テクニカルなところもあるが、術というよりは、「心構え」が整理されている。
    特に難解な本や、外国語の本をどのような「心構え」で接するのか?
    成る程、と思う箇所は少なくない。

    以下引用~
    ・「おそく読め」というのは、「古典を読め」というのと同じことになり、また逆に、「古典を読め」というのは、「おそく読め」というのと同じことになるでしょう。
    ・小林秀雄さんの「鉄斎」は万人に向けられたものではなく、「鉄斎」を見たことのある人、あるいは、少なくとも小林さんが「鉄斎」を見た時の経験とおなじような種類の経験を、ほかの画家を通じて持ったことのある人だけに向けて書かれたものです。
    ・要するに、私にとってむずかしい本は、その本が悪い本であるか、不必要な本であるか、どちらかです。
    私にとって必要であり、よく書かれた本であれば、それがむずかしいということは本来ないはずであろうと思われます。
    「むずかしい本をよくわかる法」は、ないかもしれません。私たちにとって、「必要なすべての本をよくわかる法」だけがあるのです。

  • 最近読書術に関する本ばかり読んでいるせいか、目新しい内容というのはあまりありませんでした。
    しかしこの本が最初に出版されたのが1962年ということを考えると、この時点で言われていたことが今でも通用しているということに驚くべきなのかも知れません。
    例えば「難解な本を読む技術」(2009年)を読んで凄く感心した「思想」と「科学」の違いについてもちゃんと書かれていました。
    ・自然科学の場合には、一度確認された事実がその時以来、万人の所有物になる。どうしてその事実が確立されたかということを、あとから来た研究者がたどってみる必要はない。結核の原因が結核菌であることを確かめたコッホの論文を読まなくても結核の治療はできる。
    ・哲学や文学の場合には、自然科学と同じ意味で万人の所有になるということはない。その仕事は作者の個性に結びつき、作者の個人的な経験と絡み合っている。シェークスピアの芝居が書かれたからといって、次の世代の作家はシェークスピアのやったことの先へ進めばよいというわけにはいかない。

    読書術に関してどの本にも書いてある共通の原則みたいなのが見えてきました。
    これがいわゆる「類書読み」の効用なのでしょうか。
    読むスピードも上がってきて四時間ぐらいで読み終えることができました。

  • 私もいつか、船旅で読書したいと思った次第です♪

  • どういう本を読んだらよかろうか、ということは、一般的には決められません。どういう女を口説いたらよかろうか、という、だれにも通用する標準などあるはずがないのと同じことです。
    Pⅲ


    くぅーカッコいい! なにこのダンディーでカッコいいまえがき! こんなん読み進めるに決まってるよ!
    さらに少し読みすすめると・・・

    第二、読書はまた愛の行為に似ています。社会の全体から切り離されて、あなたはただひとりの相手との関係のみに生きる。その関係において、あなたは多かれ少なかれ接客的な役割を演じるので、けっして映画見物の場合のように、完全に受け身ではありえないでしょう。
    P8


    今度は読書=ベッドのちょめちょめだと!? ちょめちょめの時は受け身じゃつまらないもんね、どっちも積極的に攻めなきゃね。マグロだめ、ぜったい。ようするに読書もマグロだとだめだってこと、積極的自分からにあの手この手で攻めなければだめなよ。その方が楽しいしお互い気持ちよくなるしね?
    なんかこれだけの文章だと著者がダンディーエロティックおじさまになっちゃいそうだから、この辺で読書のすげーエピソード載せとくわ。

    しかし、とにかく通勤電車が、そのほかのところでは容易に読めない本を読むことのできる場所であり、もし、そういうことを実行すれば、毎日二時間の規則性ゆえに、一年二年ののちには一定の知的能力を私たちに与えてくれるだろうということにまちがいはありません。
    P27


    片道通勤1時間だとしたら1年の間、1ヶ月は電車の中で過ごしてるという。そう考えたら恐ろしいよね。でも見たら分かるけどみーんなぽちぽちスマホいじってばかり、ほとんどの人が時間を無駄にしてる。
    そんな中著者は1年間の通勤電車だけでラテン語をマスターしてしまう。

    私はこの本を手に入れて、郊外の私の家から大学病院へ通う電車のなかでは、降っても、照っても、すいていようとも込んでいようとも、かならずこの本を見る、そのかわり電車の外へ一歩出たらけっしてこの本をあけて見ない、という方針を立てました。
    P25


    すんごい徹底ぶり、電車の中だけで勉強を完遂させちゃったよ。電車が学校代わりになるなんて!
    これ読むかぎり通勤電車って読書するには最適な場所なんだね。無駄にスマホいじるより、読書で知識を得たほうがはるかに有意義だ。
    宣言する、俺はこれから電車でスマホを開かないZE!

  • タイトルどおり作者の読書術がつまった一冊。
    私が1番気に入ったのは、待たされる時の備えとしてどんな時も本を持ち歩くことを推奨する作者の構えについての表現。例え待たされるとしても、もし鴎外を読めば、待たされている相手は鴎外ほど偉くないのでイライラはしないという作者のユーモアに富んだ表現には思わず膝を打った。また、わかりやすいことは、はっきり表現されたことであり、よく考えられたことである。という箇所も印象に残り、文章を書く際には自分がきちんと理解して書いていないと相手には伝わらないというのは論文を書く際の自分の心に留めておきたい。

  • 読書術に関する本は、手当たりしだい読んでいるので、この本もアマゾンでレビュー数が多く良い評価だったので、読んでみた。
    この本の著者、加藤周一は『「なにを読むべきか」は一般的にはいえず、人それぞれ本を読む目的によって異なるが、本を「どう読んだらいいか」ということは、ある程度までは一般的な議論をすることができるように思う』と主張している。したがって本書は、本を「どう読んだらいいか」という「読み方の工夫」について述べているものである。

    本書で紹介している読み方は以下の6つであった。
    1.おそく読む「精読術」
    おそく読むべき本は古典に限られている。古典を読むことが、日本の歴史や文化やものの考え方の構造をよくわかるために必要なことだろう。

    2.はやく読む「速読術」
    世の中の変化がはやく、知識の集積がおそろしくはやいため、その速さにおいつくために、どれほどはやく本を読んでもはやすぎることはない。

    3.本を読まない「読書術」
    目的を立てて、その目的のために本を読む、そのほかの本は読まないと決めるのも、本を読まない工夫の第一歩であり、基本である。

    4.外国語の本を読む「解読術」
    わずかな外国語知識でも本は読める。必要に迫られれば読めるということである。

    5.新聞・雑誌を読む「看破術」
    雑誌は雑誌の種類によって読み方が異なり、新聞は複数の新聞をよんで事実を客観視する。

    6.むずかしい本を読む「看破術」
    わからない本は読まないこと。

    以上が本書で紹介されている本の読み方です。

    私にとって、この本から得られたことは、3.本を読まない「読書術」です。本を読まない読書術の章のなかに、「相手から必要な知識を引き出す術」という項目があります。読んでいない本の内容を読んだ人から引き出すというものなのですが、これはたしかに使えるなと感じました。今の世の中、1日に何百冊という本が出版されます。情報が氾濫する状況にあって、必要と思う本を一人で全て読むことは不可能です。ならば、書評や抄録、耳学問を利用するのも1つの手だなと思いました。
    そう考えて、改めてブクログを使い始めたわけです。
    読もうかなと考えている本について、ブクログでの皆様のレビューをみながら本の内容を推察し、読むか読まないかの判断に役立てようと考えたしだいです。
    その部分がとても役立ちました。

全123件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九一九(大正八)年、東京生まれ。東京帝大医学部在学中から、押韻定型詩の文学運動「マチネ・ポエティク」に参加。一九四七(昭和二二)年福永武彦,中村真一郎と「一九四六―文学的考察」を発表、一九五一(昭和二六)年医学留学生として渡仏し西欧文化を体験。五五(昭和三三)年医業を廃し、以後、各国の大学で日本の文学や美術を講じつつ、文学,美術,政治などの評論活動をおこなう。七五(昭和五〇)年『日本文学史序説』で大仏次郎賞。八八(昭和六三)年東京都立中央図書館長。九二(平成四)年立命館大学国際平和ミュージアム館長。九四(平成六)年朝日賞。二〇〇八(平成二〇)年没。著書に評論「雑種文化」、自伝的回想録『羊の歌』、小説『運命』、『加藤周一著作集』(全二四巻)など。

「2021年 『都鄙問答』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤周一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
マックス ヴェー...
三島由紀夫
J・モーティマー...
ヴィクトール・E...
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×