イスラエル―ありのままの姿 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006030582

作品紹介・あらすじ

著者はヘブライ語音声生理学の専門家である。大学や製薬会社での研究生活の後、聖書の原典語ヘブライ語を聞いてみたい、話してみたいとイスラエルに留学した。本書は国破れ天と地のはざまで離散と迫害の歴史を生き抜いてきたイスラエルの人・言葉・習慣、教育・文化・社会などをリアルに筆致で描き、異文化の理解と交流に心要な国際感覚を見につけるためのヒントを提示する

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イスラエル料理は離散の歴史の味。
    人を呼ぶのに先生なんて職業は滑稽。学問に終わりはない、教授も途上の学徒。これは良い考え。
    反アラブ主義はイスラエル国民の総意ではない。

  • 感情的な文章が多い。そのような部分を差し引いて、事実だと思われる事を知るのは有意義だと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

栗谷川福子の作品

ツイートする