ノモンハンの戦い (岩波現代文庫)

著者 :
制作 : 田中 克彦  田中 克彦 
  • 岩波書店
3.67
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006031275

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2006年刊。ノモンハン事件に関するソ連側史料。前半は「1939年のハルハ河畔における赤軍の戦闘行動」(シーシキン著、1946年刊)、後半は「ハルハ河の回想」(シーモノフ著、1969年刊)であり、当該事件に関するソ連側の見方が判る。これを日本側史料、モンゴル側史料と付き合わせる必要があろう。なお、後者は事件の戦闘行為がほぼ収束した1939年8月後半以降の記述しかないことは付言する。

  • [ 内容 ]
    はじめて翻訳紹介される一九三九年ノモンハン事件のシーシキン文書。
    モンゴルと満州国の両境紛争が、なぜ日本関東軍とソ連赤軍の双方二万の死傷者を出す四カ月の本格的戦争に至ったのか。
    作家シーモノフによる従軍記を加え、モンゴル語、ロシア語文献を渉猟した詳細な注と解説が謎の戦争の経過と真実を明らかにする。

    [ 目次 ]
    一九三九年のハルハ河畔における赤軍の戦闘行動(S.N.シーシキン大佐)(日本帝国主義者の計画とモンゴル人民共和国への攻撃準備;結語)
    ハルハ河の回想(シーモノフ)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする