日本レコード文化史 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.43
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006031428

作品紹介・あらすじ

レコードから見た日本近代史。明治期「蘇音器」と訳されたフォノグラフの導入から始まり、国産蓄音機の開発、大正から昭和にかけてのレコード業界の高成長と各社間の抗争、ヒット曲の誕生とマスセールスの成立、戦時期の検閲の強化と愛国歌謡の募集、戦後のレコード業界の再建の様子が描かれる。LP、CDの登場、オーディオ機器の革新、音楽のネット配信なども詳述。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ざっと読みました。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784006031428

  • 分類=日本・音楽・文化史。06年10月文庫化(79年3月初出)。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

日本芸能史研究 一九三一年 大阪府生まれ。大阪市立大学経済学部卒。日本放送協会に勤務後、芸能史研究に入る。著書『芝居小屋と寄席の近代—「遊芸」から「文化へ」—』他。

「2013年 『近代日本芸能年表 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本レコード文化史 (岩波現代文庫)のその他の作品

倉田喜弘の作品

ツイートする