いじめ自殺―12人の親の証言 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.38
  • (3)
  • (1)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006031473

作品紹介・あらすじ

子どもの自殺は親にとって全く突然のもの。なぜ我が子は死ななければならなかったのか。いじめと知り、子の状況を今からでも理解したいという親の気持ちとは裏腹に、学校や教育委員会からは実態を隠蔽され、自殺した本人や家庭の問題だと周囲の非難にもあう。いじめ自殺がなぜ後を絶たないのか、遺された親の発言から考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いじめが原因となって自殺を選んだ12人の子。その父、母へのインタビューを一冊にまとめたものです。初版は10年以上前の本ですが、驚くべきことに今現在 状況はいささかも変わっていないことがわかります。客観性が担保されているわけではありませんが、彼らの思うところは非常に共感ができます。

  • いじめ、は連鎖するという事実。
    子が死んだ次の瞬間には、その親がいじめに合うという悲しさ。
    多くのいじめの原因は大人が作り出す。その大人はこどもの問題だとしらをきり、早々と次の問題へととりかかる。
    この問題を被害者の立場からきちりと見つめた秀作。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ルポライター。『残夢――大逆事件を生き抜いた坂本清馬の生涯』(金曜日)、『大杉栄――自由への疾走』(岩波現代文庫)など、明治大正期の社会主義者、無政府主義者を描いた作品も多い。「さようなら原発」運動、「戦争をさせない」運動などの呼びかけ人。

「2017年 『軟骨的抵抗者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鎌田慧の作品

ツイートする