教育工場の子どもたち (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006031510

作品紹介・あらすじ

生徒の校内暴力・非行問題、細かな校則の徹底や教師による体罰…。全国的に教育問題が大きく取り上げられた一九八〇年代初めに、「管理教育」を他に先んじて推進していた愛知・千葉などの小中学校のルポ。日の丸・君が代が国旗・国歌として強制され、教育基本法に愛国心が盛り込まれるなど、教育のあり方が大きく変容する現在への黙示録。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ルポライター。『残夢――大逆事件を生き抜いた坂本清馬の生涯』(金曜日)、『大杉栄――自由への疾走』(岩波現代文庫)など、明治大正期の社会主義者、無政府主義者を描いた作品も多い。「さようなら原発」運動、「戦争をさせない」運動などの呼びかけ人。

「2017年 『軟骨的抵抗者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

教育工場の子どもたち (岩波現代文庫)のその他の作品

鎌田慧の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする