魯迅烈読 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
2.88
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006031534

作品紹介・あらすじ

フェアプレイは時期尚早。敵の卑劣な攻撃には、どんな手を使ってでも闘うべし-。寛容を説く「聖人君子」の正論に真っ向から立ち向かった魯迅。その反骨精神は何を私たちに教えるのか。魯迅の著作を「思想的故郷」とする著者が、その核心に熱く迫り、現代日本人を叱咤激励する、佐高流魯迅案内。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  実に難しい。この本との出会いは09年の春。ビンゴ大会の景品として、僕のもとにやってきた。絶対に読んだほうがいいと進められ、僕はこの本を開いた。
     魯迅の意志を著者が紡ぎ、僕らに投げかける。魯迅の思いを、今現代に伝える。著者は本当に魯迅が大好きなんだと感じることのできる一冊である。
     

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1945年、山形県酒田市生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。高校教員、経済誌編集長を経て、現在、ノンフィクション作家、評論家として活躍中。「憲法行脚の会」呼びかけ人の一人。「週刊金曜日」編集委員。著書に、『西郷隆盛伝説』『安倍晋三と翼賛文化人20人斬り』『誰が平和を殺すのか』『平民宰相 原敬伝説』『敵を知り己れを知らば』、共著に、『安倍政権を笑い倒す』『難局の思想』『戦争と日本人』『原発と日本人』など多数。

「2018年 『佐高信の昭和史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐高信の作品

ツイートする