戦争 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.88
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006031558

作品紹介・あらすじ

『俘虜記』『野火』で知られる著者が、自身の戦争体験を語る。数々の小説とはまたちがった、作家の雰囲気が漂う著作である。「なにか事があれば、ひどい目にあうのは、またもやわれわれ国民ではないのか。」軽妙な語り口の裏側に、戦争への激しい思い、埋み火のような執念がゆらめく。文庫初収録の作品。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大正デモクラシー期に思想形成したはずだが、同世代の丸山真男らと対照的。「いつか来た道とは思わない」と、当時の左派のキャッチフレーズを容赦なく粉砕。戦場体験者だからだろうか直感めいたものを感じる。でも核戦争や権力の横暴には強く警鐘を鳴らす。是々非々で社会を見つめているようだ。
    「戦争に行かなかった人とは話が合わない、何か違和感がある」と語り、復員兵や特攻崩れの狼藉に共感を示すのが印象的。戦後を生きた戦中派の気持ちに寄り添っているように見える。

  • ざっくばらんとした語り口だけれど、「戦争」を経験したものでないと語れない戦場の様子など重く響いた。

  • 語り下ろしという手法で編纂されたエッセイ。小説 俘虜記とセットで読むと、情報が補間、強化される。特に、戦前からの著者の就職事情や小林秀雄らとの付き合いに触れる事で、俘虜記の主役である著者自身の背景を色濃く知る事ができる。

  • 大岡昇平の戦争前後に渡る体験談。野火と俘虜記を読了された方にお薦めします。

    内容はやはり暗いのですが、口語体なのでどこかしれっとしていて、却って現実味を持てるというか、「生の声」といったような近しい感覚で読めました。
    大岡昇平がスタンダリアンだと知って『野火』が理解できたような気がします。


    特に俘虜体験の章が興味深いです。
    「初めは俘虜生活そのものを書くつもりだったんですが、結局、収容所の中でアメリカ人に飼われてキャッキャといってた状態と、民主主義だとかなんとかいわれてワイワイやってる現在の状態(GHQ占領期)と同じではなかろうか、どうもあらゆる点でよく似ているぞということに気がつく訳ですね」
    「日本全体が強制収容所なんだ」(マッカーサー)
    「戦場から我々には何も残らなかったが、俘虜生活からは確かに残ったものがある。そのものは時々私に囁く。「お前は今でも俘虜ではないか」と」
    「俘虜収容所の事実を籍りて、占領下の社会を風刺するのが意図であった」


    あとがきにはインタビューをした70年代当時の風潮が色濃く窺えます。

  • 『レイテ戦記』を訂正加筆中の1970年夏、3日間5時間ずつ大光社の編集者の質問事項に回答するかたちで語り下ろした半生録。大岡昇平入門に。なお「あとがき」に付された『朝日新聞』への文章は、大岡昇平を剥き出しにして一読の価値がある。

    「われわれは昔から『なんとかなるだろう』とたかをくくる癖がある。実際それで戦後二十九年、なんとかやってきたのだが、この順応性の底にあるのは、自分一人なんとかなりさえすれば、他人はどうなってもいいというエゴイズムである。ところがこんどの危機はめいめいが勝手なことをしていては、とうてい乗り切れそうもない。柄にない説教めいたことはいいたくないが、何らかの意味で、他人といっしょに自分も助かる、という心構えがなければ、自他ともども一層ひどいところへ落ち込んでしまうような気がする」(『朝日新聞』1974.1.1)

全5件中 1 - 5件を表示

大岡昇平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
アゴタ クリスト...
安部 公房
三島 由紀夫
遠藤 周作
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする