人物ノンフィクション〈2〉表現者の航跡―後藤正治ノンフィクション集 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006031879

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  自身の資質ということでいえば、国谷は「深いところでの不器用さ」を感じていた。目の前にあるものを紀要に処理して次に進む―というようなことは苦手である。全力投球できるのは、自身が納得をし、きちんと準備した上で取り組むこと。その意味ではスローであり、自分探しに手間取ったのはそんな資質もかかわりあったのかもしれない。(p.91)

     石黒は国谷の本質に、「生真面目さ」と「負けず嫌い」をあげる。キャスターと記者は職種が異なるが、当然、現場を踏んできた記者たちが豊富な素材を手にしている。彼らと同じ土俵で議論したい。だから資料を読み込み、ヒアリングに励むのである。(p.101)

    「世の中が複雑になってきて、これは何だ、どういうことなんだと思うことがどんどん増えている。いわばもやもやした状況。これをわれわれとすればなんとかクリアにしたい。そこに国谷裕子というキャスターがいて、まずはもやもや状況ときちんと対話をしてくれる。彼女はバランスのいいアンテナを持っていて、視野を広げたり、相対化したり、俯瞰したり、あるいはもうひとつの選択肢を提示することに秀でている。アンテナが番組担当班の目線と微妙にずれているときもあるけれども、それがまた「クローズアップ現代」の個性となっているように思いますね」(元編責:角英夫氏、p.102)

     モノゴトを内田は〈構造〉として捉えようとする。同時に、対象には迎合しない。学ぶこと、働くことに背を向けるのは人としてダメなんだ、と言い切る。
     思想という思想が崩壊し、モノを見る基軸が液状化しているような現代、内田のメッセージは納得性と刺激性に富んでいる。それが多くの読者を得ている理由であろう。
     論理の底には情念がある。内田のそれは入り組んでいるが、その底には男気というに近い古風な規範が流れている。内田と会話をしていると、東映のヤクザ映画「日本侠客伝」や「昭和残侠伝」における主人公の台詞がふと聞かれたりする(p.201)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

後藤 正治(ゴトウ マサハル)
1946年、京都市に生まれる。1972年、京都大学農学部を卒業。
ノンフィクション作家となり、医学、スポーツ、人物評伝などの分野で執筆を重ねる。
『空白の軌跡』(講談社文庫)で第四回潮ノンフィクション賞、『遠いリング』(岩波現代文庫)で第十二回講談社ノンフィクション賞、『リターンマッチ』(文春文庫)で第二十六回大宅壮一ノンフィクション賞、『清冽』(中央公論新社)で第十四回桑原武夫学芸賞、を受賞。
2016年、書き手として出発して以降、2010年までに刊行された主要作品のほとんどが収録されている「後藤正治ノンフィクション集(全10巻)」の刊行が完結。
他の著者に、『関西の新実力者たち』(ブレーンセンター.1990)、『刻まれたシーン』(ブレーンセンター.1995)、『秋の季節に』(ブレーンセンター.2003)、『節義のために』(ブレーンセンター.2012)、『探訪 名ノンフィクション』(中央公論新社.2013)、『天人 深代惇郎と新聞の時代』(講談社.2014)などがある。

後藤正治の作品

人物ノンフィクション〈2〉表現者の航跡―後藤正治ノンフィクション集 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする