魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006031893

作品紹介・あらすじ

ニューギニア戦線での地獄の体験とは何か。いかなる状況下で戦争犯罪を犯したのか。巣鴨刑務所出獄後も戦争責任を直視し続けてきた元BC級戦犯(現在八六歳)の稀有な思索。過酷な戦場で無残な最期をとげた兵士と戦犯裁判を経て処刑されたBC級戦犯の姿を通して、日本の戦争と戦争責任・戦後責任を根本から問い直す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    ニューギニア戦線での地獄の体験とは何か。
    いかなる状況下で戦争犯罪を犯したのか。
    巣鴨刑務所出獄後も戦争責任を直視し続けてきた元BC級戦犯(現在八六歳)の稀有な思索。
    過酷な戦場で無残な最期をとげた兵士と戦犯裁判を経て処刑されたBC級戦犯の姿を通して、日本の戦争と戦争責任・戦後責任を根本から問い直す。

    [ 目次 ]
    第1部 BC級戦犯としての体験(体験伝承のむずかしさ;刑死者たちの声を聞く;手負いになること―ぼくの戦争犯罪)
    第2部 戦争犯罪と戦犯裁判(連合軍の犯罪;日本軍の犯罪)
    第3部 戦争責任を戦後に問い続けて(松井石根大将を思う;勇戦敢闘できなかった死者のために;護送船からの手紙;BC級戦犯から見た東京裁判;スガモ・プリズンの衝撃;大本営参謀の戦争責任を問う)
    第4部 今も魂鎮の意味を問いながら(日本軍を想い自衛隊の現在を考える;韓国・朝鮮人BC級戦犯が願うこと;魂鎮への道)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1923(大正12)年、京都府に生まれる。
1943(昭和18)年、海軍民政府・資源調査隊員
としてニューギニアへ。
1945(昭和20)年、日本の敗戦により、オランダ軍に戦犯容疑者として拘引される。
のち20年の刑を受ける。1950(昭和25)年、スガモ・プリズンに送還される。
現在、社会福祉法人青い鳥名誉顧問
著書に『スガモ・プリズンからの手紙』(倒語社 1990) 『魂鎮めへの道――無意味な死から問う戦争責任』(不二出版 1997 のちに岩波
現代文庫) 『地獄の日本兵』(新潮新書 2008)ほか多数。

「2014年 『たとえ明日世界が滅びるとしても』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯田進の作品

ツイートする