新・反グローバリズム――金融資本主義を超えて (岩波現代文庫)

著者 : 金子勝
  • 岩波書店 (2010年1月16日発売)
3.50
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006031954

作品紹介

市場原理主義と金融自由化を基軸としたグローバリゼーションは、いまや戦後最大の世界金融危機に行きついた。気鋭の経済学者が、この二〇年にわたって展開されてきたグローバリズム、金融資本主義を分析、それを超える対抗戦略をあらためて問いなおし、長期停滞からの脱出、持続できる社会への新しい道を示す。旧版『反グローバリズム』に書き下ろしの新稿一二〇枚を加え、さらに現在の視点から全面的に書き改めた新版。

新・反グローバリズム――金融資本主義を超えて (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この何十年かの経済の問題点について書かれている本。読むのは大変だったけど、竹中平蔵とは当時から仲が悪かったから、失敗が明らかな今、小泉竹中路線の何がダメだったのか書かれてある。これからすべきことも書かれてあるが、個人的には経済学の限界みたいなのを早くもひしひしと感じる結果に。

  • 2012/11/14 県立図書館。

  • 竹中平蔵氏とならぶ慶應大学の経済学名物教授の著作。弱者(グローバリズムに翻弄される日本も日本社会のなかの弱者も)が強者に対抗するためにはいかにすべきか?というのが著者の根っこにあるのだろう。他の著書やTV,twitterなどの発言を見ても感じられる。
    松岡正剛が千夜千冊でも指摘していたと記憶しているが、気付きが早い。異端に感じるのはそのためか?

  • アメリカが比較優位を有する金融、ITといった現代サービス産業では、OSとネットワークをいったん握った企業が一人勝ちする性質を持っている点である。
    兵器はかつてと比べモノにならないほどの破壊力を持っており、今戦争を繰り返すわけにはいかない。一方で先進国では高度成長期の大量生産、大量消費型社会が一巡して消費社会んが成熟しており、消費者は買うものがない。
    世界同時不況の深刻さからいって、欧米市場が急速に立ち直る可能性はそれほど高くない。とすれば、今後は東アジア諸国間の貿易関係がますます重要になってくる。
    世界は多極化しつつある。すくなくともG7体制からG20体制に移りつつあるが、それが新しい国際的な安定的枠組みになるかどうかは今のろこと不透明である。

全5件中 1 - 5件を表示

金子勝の作品

新・反グローバリズム――金融資本主義を超えて (岩波現代文庫)はこんな本です

新・反グローバリズム――金融資本主義を超えて (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする