私の読書遍歴――猿飛佐助からハイデガーへ (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.80
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032036

作品紹介・あらすじ

忍術小説に熱中した少年が、なぜハイデガーの研究者となるにいたったか。敗戦後の混乱期、著者はあてどなく本を読みあさるうちにドストエフスキー、キルケゴールの著書に出会う。そしてハイデガーの『存在と時間』を読まずにいられなくなり、大学の哲学科に入り哲学研究の道へ…。難解な哲学書のわかりやすい翻訳で知られる著者の、約七〇年に及ぶ読書体験記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 海軍兵学校から身一つで焼け野原の東京へ。テキ屋、闇屋と渡り歩いて農林学校から哲学者へ。人生行路のみちづれはいつだって本たちだった。坂口安吾「勉強記」、谷譲次「テキサス無宿」、ドストエフスキー「悪霊」、南洋一郎の冒険小説、大切なことはすべて小林英雄から教わった。洒脱な語り口。引用の絶妙。この著者の手にかかるとどの本もたまらなく読みたくなる不思議。

  • 2010年(底本2003年)刊行。著者は中央大学名誉教授。一応、読書遍歴という体裁だが、書評や読書遍歴というより、自叙伝に近い叙述内容。選書にフィクションが多いのが特徴だが、そのことが、特にドストエスフキーの読破体験が、著者のハイデガーなどの解釈を魅力あるもの、判りやすいものとしているのではないか、と思わせる。また、終戦直後の闇屋体験が生々しい。ちなみに、著者の語学習得術は愚直だが、実に明快。

  • これ読んだら、今月の『私の履歴書』読まなくていいじゃんか!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1928年、山形県に生まれる。1953年、東北大学文学部卒業。中央大学名誉教授。2014年歿。

「2018年 『アーレント=ハイデガー往復書簡 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木田元の作品

ツイートする