ジャーナリズムに生きて――ジグザグの自分史85年 (岩波現代文庫)

著者 : 原寿雄
  • 岩波書店 (2011年2月17日発売)
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032128

作品紹介

小作農の軍国少年として育ち、海軍経理学校を経て戦後、通信社の報道現場、編集中枢、経営幹部へ。ジャーナリズムの世界で模索と格闘を重ね、今もなおその病理を追及し続ける著者が、権力犯罪を暴いた菅生事件、大きな反響を呼んだ覆面連載「デスク日記」、新聞・放送監視役の体験などを通してメディアの課題を問いかける。「すべてを疑え」「いい答えはいい質問から」をモットーに生きてきた人間の熱いメッセージ。

ジャーナリズムに生きて――ジグザグの自分史85年 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジャーナリズムの「責任」を感じていると言う。でもジャーナリズムは責任を取ってきただろうか。85歳の著者。記者の中にも正義に生きたものはいたと言う。しかし、政治家、文学者、芸術家の中にも「つらぬいた」人はいる。ただひとり「ジャーナリズム」だけがいつも責任を取っていないように僕には思われる。現在もなお。
    原寿雄はすごい人なのか。ただ長く生きていただけの人のように思われた。

全1件中 1 - 1件を表示

原寿雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ジャーナリズムに生きて――ジグザグの自分史85年 (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする