名張毒ブドウ酒殺人事件――六人目の犠牲者 (岩波現代文庫)

著者 : 江川紹子
  • 岩波書店 (2011年3月17日発売)
4.20
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 38人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032135

作品紹介

一九六一年三月、三重県と奈良県にまたがる小さな村の懇親会でブドウ酒を飲んだ女性五人が悶死。裁判所は「三角関係のもつれによる犯行」として奥西勝に死刑判決を下した。しかし、その判決根拠となった村人たちの供述には矛盾が目立ち、唯一の物証である歯型鑑定も疑問だらけだった-。注目の再審事件の真相に江川紹子が迫る。

名張毒ブドウ酒殺人事件――六人目の犠牲者 (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    一九六一年三月、三重県と奈良県にまたがる小さな村の懇親会でブドウ酒を飲んだ女性五人が悶死。
    裁判所は「三角関係のもつれによる犯行」として奥西勝に死刑判決を下した。
    しかし、その判決根拠となった村人たちの供述には矛盾が目立ち、唯一の物証である歯型鑑定も疑問だらけだった―。
    注目の再審事件の真相に江川紹子が迫る。

    [ 目次 ]
    第1章 事件
    第2章 大家族
    第3章 証言
    第4章 自白
    第5章 天国と地獄
    第6章 再審の扉
    第7章 四十年後の再審決定

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 昭和36年に三重県で発生した毒殺事件に関するノンフィクション。逮捕され有罪判決を受けた男性は、今も無実を主張し続けている。本書の出版後、2014年5月には第8次の再審請求が却下された。

    本書は事件の発生から関係者の供述・証言(の変遷)、逮捕、公判などの様子を詳述。これ1冊で事件の経緯などはだいたいわかるのではないかと思う。

    難を言えば、引用部分が<>でくくられているだけで、字下げや行間をあけるなどの視覚的区分がないので、地の文と区別しにくい。また、時系列をめぐる供述の変遷などは文章だけではちょっとわかりづらい。付近の地図や時間表などがほしいところ。文庫本のスペースでは難しいかもしれないが…。

  • 資料ID:92112742
    請求記号:

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4006032137
    ── 江川 紹子《名張毒ぶどう酒殺人事件 六人目の犠牲者 20110317 岩波現代文庫》
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19610328
     名張毒ぶどう酒事件
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%B1%FC%C0%BE+%BE%A1
     
    ── 江川 紹子《六人目の犠牲者 ~ 名張毒ブドウ酒殺人事件 199404‥ 文藝春秋》
    ── 江川 紹子《名張毒ぶどう酒殺人事件 六人目の犠牲者 2005‥‥ 新風舎文庫》
     
    ── 本書は版元倒産により現在は書店での入手が困難となっています
    が,以下の支援団体からの入手が可能です
     奥西勝さんを守る東京の会 03-5842-6464 FAX 03-5842-6466
    東京都文京区湯島2-4-4 日本国民救援会東京都本部内
    http://www.law.kanagawa-u.ac.jp/extra/recommend_bn2.html
     

  • 冤罪。地域。凄惨な事件。重いですが読んで損はないでしょう

  • 江川紹子さんの秘めたる怒り・・・は好きです。とあるテレビ番組でのくだらない野球解説者とのトラブルは、ホントにくだらない。このようなルポが確実に残ることはとてもありがたいことです。ぜひぜひ何事にも負けず、ひるまず、執筆をしていただきたいものです。

全6件中 1 - 6件を表示

名張毒ブドウ酒殺人事件――六人目の犠牲者 (岩波現代文庫)のその他の作品

江川紹子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

名張毒ブドウ酒殺人事件――六人目の犠牲者 (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする