秘境ブータン (岩波現代文庫)

  • 67人登録
  • 4.11評価
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 中尾佐助
  • 岩波書店 (2011年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032296

作品紹介

一九五八年に単身ブータン入りした探検家が、ヒマラヤにひっそり佇む古代的な小王国の自然と社会と文化を日本にはじめて紹介した。山ヒルの襲いかかる密林の道、ブータン・ヒマラヤの氷蝕地形、高山に咲く青いケシの花、チベット遊牧民の名残の風俗。百数十点の貴重な写真とともに臨場感あふれる筆致で描く。

秘境ブータン (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中尾佐助先生著『秘境ブータン』(先日岩波現代文庫で復刊)、恥ずかしながら初めて読んだのですが、衝撃的に面白かった。国道もなく、国内に自動車がまだ1台もなかったころの調査旅行の記録。50年以上前のブータンの情景がまざまざと浮かびます。

    てか、中尾先生の洞察力が凄まじい。植物に限らず興味関心があらゆる分野に向かい、教育に関しても「教育がいくら進んでも、みんなが役人になりたがり、現場で働くことをいやがれば、それはブータンの悲劇だろう」とズバリ記している。

    どのエピソードも素敵だけれども、個人的には、「われこそは怪物をカメラにおさめる最初の科学者になろう」と意気込んで向かったブムタンのメンバル・ツォで蜂に刺される話が、微笑ましくてお気に入り。

  • 2017.12.9 読了

  • 王様も普通に庭にテント張って寝泊まりするという距離感の近さが最大の驚き。

  • 1958年(昭和33年)国交がなかった時期に単身ブータンへ渡った探検家によるフィールドワークの記録とブータンの自然・社会・文化を日本に始めて紹介した書。ブータン関連本として読み続けられる貴重な当時の情報から現在に至る発展を想像してみる。

  • この時代にブータンを探検してたってのがすごい。
    クンガさん家でホームステイしてたことを思い出しながら読んだ。
    もっかい行きたい。

  • 1958年に日本人で初めてブータンを訪れた植物学者・中尾佐助の探検記。
    詳細な調査資料もなく、首都ですら正確に知られていなかった当時のブータンはまさに古代国家。
    通い婚や、王が変わるたび都を移したり、士農工商よく似た階級制度は、奈良、江戸時代を思わせる。

    ブータンに暮らす人々の息遣いが聞こえるかのような臨場感あふれる記述と貴重な写真に好奇心を刺激される。

  • ブータン国王が来日した際に国会で行った演説を読んだ。

  • 昭和34年にブータンを探検した日本人がいるだけで凄い。
    しかもKJ法の川喜田さんを相棒呼ばわりしている。

    ブータンにも階級がある。農民は役人と同じで高い。
    インドはチベット、ブータン、日本の中で農民の階級が低い。

    ブータン人はどんな人間かね?とインド人に聞くと、まず無口で感情を表に出すことはない。王の命令には忠実で、苦労を厭わない。だがちょっと陰気です、と答えるだろう。

  • 日本人には馴染みの薄いブータンという国について、ひとりの植物学者の視点で語った本。程よく私たちに近い視点なので、とても分かりやすい。

  • 読む前は「探検家」だと思っていましたが、「植物学者」でした。
    むしろ、その分野の専門家だからこそ、朴訥とした旅ができたのかも。王様の招待であったり、家臣を使用するなどの時代錯誤的なのもおもしろい。今では差別的な用語になっている言葉も平気で書かれている。この時代にこれだけの旅ができたことがうらやましい。

全10件中 1 - 10件を表示

秘境ブータン (岩波現代文庫)のその他の作品

中尾佐助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
レイチェル カー...
ヴィクトール・E...
マックス ヴェー...
大野 更紗
有効な右矢印 無効な右矢印

秘境ブータン (岩波現代文庫)はこんな本です

秘境ブータン (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする