フェミニズムの時代を生きて (岩波現代文庫)

  • 岩波書店 (2011年11月17日発売)
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032319

作品紹介

日本におけるフェミニズム運動のパイオニア世代の三人が、個人史の軌跡を時代の中に位置づけて語る。草創期の女性史・女性学の熱気、学生運動や「慰安婦」問題との関わり、異性愛者としての立ち位置、そして老いつつある自らの経験と死について。後に続く世代に残す、貴重な歴史的証言。

フェミニズムの時代を生きて (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フェミニズム、ジェンダー、女性学分野で活躍してきた3人による3編の鼎談「女が老いる、ということ」「フェミニズムの時代を生きて」「フェミニズムの行方」を収録。
    女3人寄ればかしましいなどと言われる。かしましいというのは、ムダ話、愚にもつかないような話でうるさいっていうような意味合いを含んでいるのだろうけど、この本はもちろん、そんなことはない。
    実は対談もの、鼎談ものって中身は大したことないものも多いと思っていて、それでも対談・鼎談ものが出版されるのって、時間がないとか、書くのが面倒くさいとか、分量かせげるからとか、何となく臨場感が出るからとかって程度かなと思っている。でも、これは秀逸な鼎談本。最初は上記のようなことを思って、期待せずに読み始めたんだけど、おもしろい、おもしろい。これは文章では書かないだろうなというようなことにも話が及んでいて、会話のなかだからこそ生まれた内容だと思えるものもある。それぞれの生い立ちとか、バックボーン的なもの、数々の挫折や忸怩たる思いの積み重ねとか。
    電車内の車掌さんのアナウンスを聞くたび思うんだけど、女性車掌さんのほうが声がクリアだし、舌の回りも頭の回りもいいらしく、よどみなくスムーズな言葉が聞かれる(そんなもんだと思っていたいわゆる車掌調のアナウンスが無意味だったことを思い知らされもする)。やっぱり女性のほうが言語感覚に優れているのだろうなと思わされるわけで、そういう女性たちが、かしましくならずに会話をしたとき、そこでなされる話がおもしろいのは当然だ。

  • 上野先生は相変わらず「隙のない発言」
    今回、西川先生のファンにもなった。どの方ももう高齢に差し掛かっておられて風格もある。それにもかかわらず、友人とはいえ、容赦ない指摘や議論には敬意を払いたい。
    戦われてきた時代を垣間見たのですが、現代の若い女性はますます後退しているのが気になります。

全2件中 1 - 2件を表示

西川祐子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

フェミニズムの時代を生きて (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする