六ヶ所村の記録――核燃料サイクル基地の素顔(下) (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032333

作品紹介・あらすじ

一九八四年、電気事業連合会は青森県知事に核燃料サイクル基地の建設受け入れを正式要請する。巨大開発の美名の下に農民たちを追い出し買収を進めた六ヶ所村の開拓地こそ、その立地点であった。日本の核センター建設は、偽計と裏切りから始まった。そして二〇一一年三月、またしても核の脅威に直面しながらも、なお六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場の強引な操業を図るのは、日本の核武装への第一歩である。一九七〇年から現地取材を続けてきた渾身の労作。毎日出版文化賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国内の一大核燃料サイクル基地と化した六ヶ所村。この基地が建設される過程でどのような事件があったのか、いかなる思惑が交錯したのか。1960年代~1980年代までの一大ルポルタージュ。文庫版ではここ10年くらいの動きもアップデートしている。
    六ヶ所村を開拓し、農業中心の産業育成の失敗、その矢先の(原子力発電をも盛り込んだ)石油コンビナート基地の開発計画。開発が軌道に乗り始めた矢先のオイルショックと石油コンビナート開発の頓挫、原子力中心産業への移行。
    多くの六ヶ所村村民が満州での開拓経験者であった。まさに六ヶ所村は日本国における内国植民地の様相を呈している。
    長年に渡るインタビューを通して六ヶ所村が核サイクル基地へと変貌した経緯が追われている。
    3・11を経たにもかかわらず、脱原発派を除いて原発に無関心になりつつある現状に原発に対して注意を向けようとするところはかなり同意できる。
    しかし、このルポの不満点はかなり多い。
    1.年代が前後するため流れが追いにくい
    2.開発反対、各反対の村民ばかりを取りあえげていて一方的なように見える。個人的にはもともと反対していたが賛成派に回った人の意見を聞いてみたかった。
    3.筆者は即時脱原発の立場を貫いているように見えるが、そもそも即時脱原発は現実的なのか違和感が残る。
    4.開発側=悪、村民=善のような安易な二項対立で書いているように思える。
    5.4のために開発側を皮肉った文章が鼻につく

    正直僕の感想を言えば、六ヶ所村は開発されないままでよかったのだろうかと疑問を呈したい。「自然がー」とか「村民の暮らしがー」とかいうのは都会民のエゴだ。農村部の人間が開発云々に反対するのは、豊かな生活を知らないからに過ぎない。まさに農村部の後進性そのものだ。衛生観念が十分に行き渡ってないから病原菌がいる毒井戸水を普通に飲むし、文化水準を高めようと考えないし、農業で儲けようともしない。そうこうしているうちに都市部と農村部の社会的・経済的・文化的格差が広まっていく。それが都市部=先進的、農村部=後進的という構図を固定化させてしまう。地域に因る社会階層の固定化を招いてしまうのだ。
    僕が六ヶ所村村民だったら開発側に回っていたかもしれない。核誘致を推進していたかもしれない。地元で同じような話があったらまず間違いなく賛成するだろう。
    そういう複雑な思惑が描ききれていないような気がするのだ。

  •  六ヶ所村への訪問の予習として購求。やはり買ってよかった。上下2冊、一日で一気に読み終えてしまった。

     下北半島の付け根にある三沢基地が、この地域の核センター化にとって重要な背景となっているとはまるで気づかなかった。三沢基地の存在は、射撃訓練・離発着訓練など、核施設に関わる「事故」の可能性を生むが、同時に、核センター防衛の要であり、将来的な核基地化(「核」の地産地消!)への布石とも見える。鎌田は、すでに1969年に下北半島を、東海村に次ぐ「第二核センター」とする構想があったこと、その構想がなぜか一度は水面下に潜ってしまっていたことを指摘したが、この構想それ自体の来歴と歴史性とが、とても気になる。
     
     とはいえ、本書のメインは、〈むつ小川原開発〉に翻弄された人々のオーラル・ヒストリーであり、人々のささやかな願いや欲望や心の隙間につけいる資本と、資本に魂を売った行政・メディアとの争いである。鎌田は、〈開発〉が、そして核燃サイクル事業が、戦後に入植が始まった新規開拓地――皮肉にも、そこには満洲の開拓村を想起させる集落名が付けられていた――を集中的に狙い撃ちにしていたことを明らかにする。人の力でどうにか土地を拓き、土をつくり、環境をつくって、他の離農者の土地をあわせてようやく酪農なり農業なりで生計を立てていけるようになったそんな場所を、資本は、人口密度が低くて平坦で整備された「適地」と見た。20年以上の人間の思いと努力を、札束で買いたたいたのである。
     
     風景は、〈いま・ここ〉で可視的に捉えられるものだけではない。その土地の記憶、その土地の来歴、その土地の魂をどうしてか感じ取ること。そこではじめてひとは、その場所を、その風景を「見た」ことになるのだろう。

  • 3.11まで言及している。
    著者の追及は止まるところを知らない。
    「開発」を餌に地元民から土地を奪い、十数年の時を得て、その土地に核燃サイクル施設の建設。
    地元民を欺いた歴史は「意図的」だったのか。

全3件中 1 - 3件を表示

鎌田慧の作品

ツイートする