営業をマネジメントする (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.89
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032494

作品紹介・あらすじ

かつて営業の仕事は、個人の努力と個性に依存してきた。そのノウハウは継承がむずかしく、一人一人が独自に築くものだった。しかし、商品知識が豊富な顧客が多様なニーズをもち、競争も激しくなった現在、属人営業は適さなくなっている。顧客のニーズに対応するには、営業のプロセスごとに役割を分担して専門性を高めていかねばならない。働く各人が自分の得意な営業プロセスで力を発揮すれば、営業はもっと魅力的な仕事になる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 場当たり的な営業にオススメな気がする。

  • 昔の人間ですから、営業・・・と聞くだけで、三下か幇間のように思われて、自分の人生の職業選択だけでなく、自分の子供の職業としても蔑むような気持ちになっていた。
    営業のたいへんさは知っている。
    仕事を取って来い・・・・・というのはつらい。
    大して、プロセス・マネジメントという組織営業という理念は新しくもあり、正当な気もする。
    商品が売れないのは、必ずしも営業力のなさではないはずなのに、商品そのものに魅力もなかっただろうに、営業の責任にされてきたところがある。
    新しい、よりよいマネジメントが賢い会社には望まれる。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

流通科学大学特別教授、神戸大学名誉教授

石井淳蔵の作品

ツイートする