ことばを鍛えるイギリスの学校――国語教育で何ができるか (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032517

作品紹介・あらすじ

独立した個人を目指し、生きる力を身につけるイギリスの子どもたち。圧倒的な密度で行われる国語教育で、創造性、想像力、論理力が日々鍛えられる。著者の三人の息子たちのナーサリー(保育園)から大学までの経験をふまえ、その教育の実態を具体的に紹介する。アップデートされたナショナルカリキュラムの内容と最新情報を含めた改訂版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イギリスの学校教育について、息子たちを育てた経験からのレポート。特に全ての科目の中心にある国語教育について。読んで面白い本では無いけど、興味深い本ではある。異国の教育事情を具体的かつ淡々と述べているからこそ、教育ってなんだろうと考えるヒントがある気がする。
    何よりも「読むこと」「書くこと」「話すこと」「聞くこと」といった国語力は日本ももっと重視した方が良いと確かに思った。

  • イギリスでの初等、中等、高等教育が概観できた。
    どこの国も同じだなぁ・・と思うのは、行政が試行錯誤して次々に法律などを変えるので、現場や子供たちは、いつも悩まされている。
    意外だと思ったのは、イギリス人の反日感情。
    第二次大戦では、捕虜となったイギリス人がずいぶんひどい眼に合わされたらしい・・・・。

  • イギリスでの国語教育の全体像がよくわかる。とくに政府主導によるカリキュラムづくり。欲を言えば、もう少し学校の現場からの視点がほしいかな。学校の現場としてどうような意図をもって実践しているのか。やや著者の子どもの主観に偏っている感。

  • 日本と同じように小さな国があちこちの国を占領し、英語を使わさせ、さらには世界共通語にさせてしまった。私にはそんなイメージのある国、イギリス。その国ではどんな教育をしているのか。
    著者が長年、イギリスで生活し、子供を学校へ通わせる中で見える、イギリスの教育法や考え方が見えてくる本だった。
    書籍の中に書かれている学校では、本のタイトル通り、本当によく言葉、母語である英語を鍛える授業が多かった。こんなにも幼い頃から英語を徹底しているのでは、言語で、イギリスには到底太刀打ちできないのではないかと思わされてしまった。
    いつまで続くかは分からないが、少なくとも私が生きている間は、英語は世界共通語である。その言語をやはり学ばなくてはいけないが、それを母語とする民族には到底かなわない。だから、英語を学びながらも言語だけではなく、歴史や技術やさまざまなことを身につけていきたいと思った。
    それから、他の国を見る事で、日本とはどんな国なのかということも今後、考えていきたいと感じた。日本語もしっかり書けるようにならなくては。

全4件中 1 - 4件を表示

ことばを鍛えるイギリスの学校――国語教育で何ができるか (岩波現代文庫)のその他の作品

山本麻子の作品

ことばを鍛えるイギリスの学校――国語教育で何ができるか (岩波現代文庫)はこんな本です

ことばを鍛えるイギリスの学校――国語教育で何ができるか (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする