ゾルゲ事件とは何か (岩波現代文庫)

制作 : 篠崎 務 
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032630

作品紹介・あらすじ

尾崎秀実とリヒアルト・ゾルゲはどのようにして出会い、なぜ死刑となったのか。二人が中心となった諜報組織が入手した情報とは何か。それは誰によっていかに活用されたのか。本書は二人の人間像と思想形成を丹念に辿りながら、一九四一年九月に摘発が開始されたこの事件の全体像を英語圏で初めて実証的に解明した著作の増補版であり、本邦初訳である。今も謎に包まれているこの事件を学ぶ上で最良の入門書であるといえよう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本共産党のひどさがわかった気がした。
    それにしても、伊藤律はよく生きて日本に帰れたと思うし、中国に20数年間囚われていたというのも信じがたい話。
    すべての人が時代に翻弄され、その世界の中で最良と思われる生きかたを模索していたのでしょう。
    尾崎しかり、ゾルゲしかり。
    ただ、これほど優秀で知的な二人でも、世界の動向は必ずしも見えていない。
    すべての間違いは、共産主義に託したことでしょう。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

チャルマーズ・ジョンソン(Chalmers Johnson)
1931年生まれ. カリフォルニア大学バークレー校でPh.D.(政治学)を取得. カリフォルニア大学サンディエゴ校教授, 日本政策研究所(Japan Policy Research Institute)所長などを務め, 2010年逝去. 専門は東アジアの政治. 主著:『帝国解体――アメリカ最後の選択』(岩波書店, 2012年), 『ゾルゲ事件とは何か』(岩波書店, 2013年), 『アメリカ帝国への報復』(集英社, 2000年), 『中国革命の源流――中国農民の成長と共産政権』(弘文堂新社, 1968年)など.

「2018年 『通産省と日本の奇跡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チャルマーズ・ジョンソンの作品

ツイートする