日本の農山村をどう再生するか (岩波現代文庫)

著者 : 保母武彦
  • 岩波書店 (2013年10月17日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032654

作品紹介

全国の農山村(中山間地域)が蘇るために有効なプログラムが、いま切実に求められている。本書は北海道下川町、島根県海士町など、各地の先進的な最新事例を紹介し、内発的な地域づくりに向けて有益な視座を提供する。再生可能エネルギーの重視、都市の若者との連携など、自治体職員や地域に関わる全ての読者にとって興味深い事例が盛り込まれた一冊。

日本の農山村をどう再生するか (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内発的発展論と日本の農山村が加筆修正されたもの。被る部分を省くが下川町や海士町の例は大変興味深い。

  • 611.91||Ho

  • 行政のジャーゴンが多い。
    言わんとするところはよくわがる。
    しかし、あまりにも行政しか使用しないと思われる専門用語があまりに連続して出てくる。
    仕方がないことかもしれないが、だからなかなか理解されない分野になってしまうのかも。
    このような用語を省いても充分、中山間農地の再生は語れるのではないか。

全3件中 1 - 3件を表示

保母武彦の作品

日本の農山村をどう再生するか (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする