アジア・太平洋戦争史――同時代人はどう見ていたか(上) (岩波現代文庫)

著者 : 山中恒
  • 岩波書店 (2015年7月16日発売)
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 20人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032890

作品紹介

いったい何が自分を軍国少年に育て上げたのか-。三〇年来の疑問を抱いて、著者は戦時下の出版物を渉猟し、日清戦争から東京裁判までの通史一二〇〇枚を書き下ろした。いま明かされるあの戦争の真実。武力紛争だけでなく、通貨の流通をめぐる金融戦や、資源争奪をめぐる経済戦にも着目。上巻は西安事件まで。図版多数収録。

アジア・太平洋戦争史――同時代人はどう見ていたか(上) (岩波現代文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とにかく戦争が避けられない、戦争が唯一の解決策のような時代。
    戦争に特化した歴史がそのまま時代を映し出している。

全1件中 1 - 1件を表示

山中恒の作品

アジア・太平洋戦争史――同時代人はどう見ていたか(上) (岩波現代文庫)はこんな本です

ツイートする