アジア・太平洋戦争史――同時代人はどう見ていたか(下) (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032906

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の意に反して、読後は「仕方なかった」ような戦争擁護的印象が残った。
    「行き当たりばったり」「戦争に不向きな国民」とあとがきで書かれているように、あの大戦は世界の情勢、時代、様々な要因によって「否応なく」進んだのではなかったのか。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1931年北海道小樽市生まれ。児童読み物・ノンフィクション作家。戦時下を描いたノンフィクションに『ボクラ少国民』シリーズ(辺境社)、『少国民の名のもとに』(小学館)、『アジア・太平洋戦争史』(岩波書店)、『戦争ができなかった日本~総力戦体制の内側』(角川書店)、『少国民戦争文化史』(辺境社)、『戦時児童文学論』『靖国の子』(大月書店)などがある。

「2017年 『戦時下の絵本と教育勅語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山中恒の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

アジア・太平洋戦争史――同時代人はどう見ていたか(下) (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする