ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)

制作 : 三浦 みどり 
  • 岩波書店
4.38
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032968

作品紹介・あらすじ

一九四一年にナチス・ドイツの侵攻を受けたソ連白ロシア(ベラルーシ)では数百の村々で村人が納屋に閉じ込められ焼き殺された。約四十年後、当時十五歳以下の子供だった一〇一人に、戦争の記憶がどう刻まれているかをインタビューした戦争証言集。従軍女性の声を集めた『戦争は女の顔をしていない』に続く、ノーベル文学賞作家の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先日レビューした『チェルノブイリの祈り』を読んで感激したあと、『戦争は女の顔をしていない』をながめて歓喜の呻きをあげ、とうとう本作を読むにあたって、にわか体力をつけることに。秋の熊のようにもりもりと食べ、睡眠をとって万全のコンディションで臨んだのですが、やはり打ちのめされました……ノックダウンです(笑)。

    白ロシアと呼ばれたベラルーシ共和国は、1991年に旧ソ連から独立した人口約1000万の東欧の国。第二次世界大戦中、ナチス・ドイツの侵攻をうけ、村民もろとも焼き払われて628の村が消失し、人口の4分の1を失ったそうです。戦争の、とりわけ東欧の歴史はかくも悲惨なものだと吐息がもれます。

    作者アレクシェーヴッチ(1948年~ベラルーシ)は、戦争当時0歳~14歳だった200人以上の人々から声を集め続け、101人の証言をまとめたのが本作(原題は『最後の生き証人』)。しかし発禁処分にあい、1985年にやっと刊行にこぎつけたようです。解説の彼女の言葉は心底恐ろしいもので、さながら2+2=5の世界、ジョージ・オーウェル『1984年』のようです。

    「記録といっても写真でも修整可能だし(スターリン時代の記録写真でも不要な人物の像を消すなど)、その時代時代の解釈にあわせて歴史記述が書き換えられる以上、<事実>の盲信は危険だ」

    だからこそアレクシェービッチは、多声を、ポリフォニーの手法で、なるべく多様な声を忍耐強く集め続け、戦争というものの真の姿を鮮明に顕現させたのでしょうね。

    『「パルチザンはどこにいるのか? 誰のところにきていたのか言え」と命じられました。みなだまっていました。すると奴らは3人に一人ずつ連れ出しては銃殺したんです。そうして6人が殺されました。男が2人、女が2人、十代の子どもが2人。そして行ってしまいました』(当時11歳)

    「妹は朝連れていかれて、夕方帰ってくるのですが、日に日にやつれていくんです……妹はなにも覚えていませんでした。あとになって、子どもたちは血をとられていたのだと分かりました。きっとたくさんとられたのでしょう。数カ月たって妹は死にました」(当時7歳)

    子どもたちを集めて隊列の前を歩かせ、その後ろを車に乗ったドイツ兵が行くのは、子どもの盾で地雷から身を守るため。人々を切り刻み、かぼちゃのように頭をたたき割り、軍用犬にズタズタにさせ、とりわけナチス・ドイツ軍と激しく戦っていた非正規軍パルチザンやその家族、あるいはそれを密かに手助けしたり、かくまう民衆への見せしめは残虐極まりない。

    思えばアレクシェービッチの本はどれも読了するのに時間がかかっていたのですが、とりわけ本作は壮絶でした。文庫本でわずか300頁ほど、難解な言葉はただのひとつもありません。でも読み終えるのに1月以上もかかってしまいました。胸がつまってしまい、30分以上は連続して読めません。一人ひとりの子どもが体験したその衝撃は相乗的な戦慄となって広がり、心が張り裂けんばかりです。それでもふと見せる子どものあどけなさ、けなげさがその言葉や行間からあふれてきて、どうしても目が離せなくなりました。

    幼いころの体験は深いトラウマとなり、とても思い出したくない、話したくもなかったでしょう。アレクシェービッチはきっと時間をかけて彼や彼女たちの声を聴き、よい質問をし、当時の子どもたちに共鳴し、その言葉を一つ一つ体験しながら、一体どれだけの涙をともに流してきたのだろうと想像してしまいます。

    本作は単なる証言の羅列や録音反訳的なものではありません。
    屠殺場のような世界を生きぬいてきた子どもたちや、そこに呑み込まれてしまった一人ひとりを、アレクシェービッチがぎゅっうと抱きしめたような温もりといとおしさに、そしてなによりも彼女の中をくぐってきた詩情と多面性をもつ言葉に溢れています。まさに言葉とは、こういうものを存在あらしめるためにあるのではないだろうか……彼女の言葉の前に静かにひれ伏してしまうような、そんな心持ちでした。素晴らしい作品です♪

  • 読みながら気がついたら涙が出ているというのが10ページごと、という読むのもつらい本である。戦争がどういうものか、証言を集めた本はたくさんあるのだろうが、子供の声、それも、大人になった人々のたくさんの記憶をまとめて一つの作品に完成させた本はあまり多くないと思う。記憶の物語であるが、時にそれは現在形で語られる痛みや悲しみ、または喜びであり、まるで過去のこととは思えない鮮やかな描写になって胸に迫ってくる。お母さん、お母さん、という叫び声が何回も聞こえてきて、私も「お母さん」なのでとても辛くなる。同時に、小さな子供が一生懸命大人のように、いやそれ以上に頑張る姿が、ある意味子供のひたむきさなのだなと、自分の子供のころと重なって親近感を覚える。
    バラバラの声を集めて一つにしたときに現れるのは、戦争の真の残酷さと、家族や生活を失ってもまた立ち上がって歩き始める子供の生命力の尊さ、その対比である。破壊と命。子供と、彼らが生きる世界を大事にしたい。大人はそのために生きてるのではないかと思う。

  • これが戦争か、とひしひし感じる
    平和に暮らしていたある日開戦し、わけもわからぬまま
    逃げ出し、場合によっては捕まり、銃殺され
    理不尽な非日常が日常になっていく

    子供の目線でのことなので
    誇張もなにもなく、あったことをそのまま
    ありのままに淡々と書かれているので
    本当にこれが戦争なのだ、と思える一冊
    語り継ぐべき記憶が埋もれず本になってくれたことに感謝

    この作者さんの他の作品も読んでみたいと思いました

  • 2016.03.23
    ノーベル賞作家アレクシェーヴィチ『ボタン穴から見た戦争』読了。ナチスに侵攻された白ロシア(ベラルーシ)の当時の子供達101人の証言。あまりの残酷さに何度も中断した。そんな状況下での人間の優しさに何度も涙。読書中の電車でも涙。前も言ったが彼女がノーベル賞で選ばれた意義は大きいと思う

  • 今もシリアの難民たち、そのなかでやはり多くの子供たちが死んでいる状況が続いている。地球から戦火が消えない日は来ないのであろうか。なんの罪もない子供や老人が安心して暮らしていける世の中はおとずれないのであろうか。生き残った子供たちは凄まじいPTSDに苦しめられたに違いない。それを想うと暗澹たる気持ちに陥る。

  • アレクシェーヴィチの姿勢は一貫している。「小さな声」を丹念に拾い、彼女のフィルターを通すことで純化する。
    本書では、戦争の時は子供だった人たちに、孫がいる年齢になって思い出を語ってもらっている。この作業は大変だっただろうが、その結果、当時3歳など記憶がおぼつかないのではという年齢だからこそ年月を経ても消えない鮮烈なイメージが蘇ることもある。
    戦争や原発事故の当事者であった人々が、残酷な体験を語ることがいかに大変か、何年経とうとも口を開くのがどれほど勇気がいることか…彼らの痛みに胸をえぐられる。

  • たかがインタビューとは思えない。
    聴くこと、聞き出すことの難しさ。
    語られることだけで大きな感動があります。

  • 「戦争は女の顔をしていない」をとても興味深く読んだので、同じ著者の本が読みたい…と読んだもの。子供の頃にこんなに耐え難く悲惨で怖い時間を過ごし、それでも生き抜いて証言してくれた101人の人達に、話をしてくれてありがとう。
    言葉の意味やニュアンスがわからないまま読み進めているところが多々あるので、そういうものもちゃんと理解しとかないとほんとはイカンのだろうなぁ…
    この著者の本、出てるものは全部読んでみたい

  •  はじめに、の次2行文でやられました。これは刺激的な内容の様です。
     世界は今も戦争している。戦争は歴史上途切れることなく続いている。
     1941年ナチスドイツの侵略をうけたソ連白ロシア(ベラルーシ)で子供たちの証言を一つ一つ拾い上げたこの本。
     何とも言えない。歴史の教科書をもっているがこの事実は一行も書かれていない。それはなぜか。戦争は日常であり、歴史の転換点でしか取り上げられないからだ。日常の中にどれだけの犠牲があるかを考えさせられた一冊。

  • この著者の著作からいつも受け取るのは、とてもパーソナルなメッセージ。「弱者」や「子ども」ってヒトはいない。サーシャの、ミハイルの、ユーリの声に耳を傾けよ。

全12件中 1 - 10件を表示

ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)のその他の作品

ボタン穴から見た戦争―白ロシアの子供たちの証言 単行本 ボタン穴から見た戦争―白ロシアの子供たちの証言 スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
カズオ イシグロ
ヴィクトール・E...
ミシェル ウエル...
ジャレド・ダイア...
アゴタ クリスト...
ポール オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)に関連する談話室の質問

ボタン穴から見た戦争――白ロシアの子供たちの証言 (岩波現代文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする