紙の建築 行動する――建築家は社会のために何ができるか (岩波現代文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006032999

作品紹介・あらすじ

人は自然災害によって死ぬのではなく、建物が倒壊することによって命を落とす。しかし災害が起こった場に、建築家の存在感は薄い-そのような問題意識により、世界中の被災地で避難民を支援してきた坂茂。二〇一四年にプリツカー賞の栄誉に浴した独創性と人道的取り組みへの意志は、どのように実践されてきたのか。地震と向き合わなければならない日本社会において、最も注目すべき建築家の思いと行動を伝える、最新インタビューを「あとがき」に加える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上野ルートブックス
    文庫は比較的新刊だが元は古い
    経歴とか考え方は初めてまとめて読んだ

  • 驚きの紙の建築 仮設住宅から教会まで。人と人とのつながり。
    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50107393&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 系推薦図書 5系(建築・都市システム学系)
    【配架場所】 図・2F開架 
    【請求記号】 520||BA

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=177543

  • この本だけを読むと役人って愚かに読めます。何らか理由があるにせよ、柔軟性がないように思えます。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

建築家

「2017年 『坂茂の建築現場』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂茂の作品

ツイートする