怪奇俳優の演技手帖 (岩波アクティブ新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784007001284

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この人はたぶん俳優至上主義の人。
    興味深い。
    もっとこの人の頭の中を知りたい。

    監督との対談上で、撮影中は演出つけなくて、夜酒飲みながら演出をつけていた監督の話が面白かった。

  • 俳優の佐野史郎さんが、10年ほど前に出した本。題名通り、佐野史郎さんがどんなこと考えて演技しているか、というお話です。佐野さんとは会ったこともないですが、まあ仕事的な興味もあって、スマホで読めるし気軽に買って気軽に読みました。まあこれは言ってみればSEさんがJAVAの本を読むようなものでしょうから(と、書きつつ、JAVAが何か僕はわかっていませんが)、僕にとっては面白かったということで。その仕事と全く関係ない人が読んで面白いかって言うと、疑問符ではあります。演劇好きな人、佐野史郎さんが好きな人、テレビドラマや映画が凄く好きな人、は、面白いかもです。
     まあ、デジタルな解答の全くないところを、佐野さんなりに格闘してきた考えや思いは、率直に分かります。そういう意味では書き物として、カッコつけた感じはありませんね。好感持てました。

  • 11008

    01/26

    自らのキャリアや映画監督石井隆、演出家竹内銃一郎との対談。

全3件中 1 - 3件を表示

佐野史郎の作品

ツイートする