学校では教えてくれない大切なこと 14 自信の育て方

制作 : 旺文社  藤 美沖 
  • 旺文社
4.00
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784010111666

作品紹介・あらすじ

本書は「自信の育て方」です。自分を信じる力を育てるために大切なことは、だれかに勝つことでも、だれかにほめてもらうことでもありません。自分をよく知り、自分はどう思うかを大切にして行動することで、自分を信じる力が育っていきます。それは、幸せに生きるための土台になるものです。「ありのままの自分で大丈夫 」そんな、本当の自信を身につけていきましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学生向けに、自信をつけるとはどういうことか、どんなメリットがあるかを説明した本。

    イラスト、マンガで説明がしてある。
    内容自体は大人に当てはめても当てはまる内容。

    自分がどうしたいか、自分の気持ちを把握して、その上でどうなったらうれしいかをイメージし、行動する。
    行動することが大事で、結果が失敗でも、行動できたことで前に進めたと思えるようになる。

    自分を大切にすることで、周りも大切にできる。まわりの良さを発揮しみんなと協力して、仲間と一緒に頑張れる。

    小学生の主人公たち5人が典型的な性格を体現していて、それぞれが、同じ場面でどのような行動をとるか、そしてどのように乗り越えるのか、が具体的に書かれている。
    自分がどのタイプに当てはまるかを考えて、なるほどーと思えるのが狙い。

    書いてあることは、至極まっとうなのだが、さすがに書学生が実践できるのかな?これを素直に実践できる子はもともと自信があるタイプで、行動力もあるタイプでは?とも思った。

    周りの意見に対して、自分の意見をはっきりと主張すること、皆に嫌われたくないから合わせてしまうことはある。その中で、いかにアサーティブに振る舞えるかということが書かれている。これ、大人だってできてないよなと思う。

    世の中にはいろんな価値観、性格の人間がいて、それぞれの価値観にそって生きている、そしてその価値観を尊重して、協力していくことが一番全員にとって良いことなんだな。ということが分かる「きっかけ」を子供に与えられると良いと思った。

    まだ、ウチの子供たちには早いな。。。

  • みんながたからをさがしにどこかの島にいって、魚つりや木の実をとるときに、みんなしっぱいしていたところがおもしろいです。さいごにみんな自信をもって発表していたところがすごいなあと思いました。

  • 自分の気持ちも大切にしたいです。

全3件中 1 - 3件を表示

学校では教えてくれない大切なこと 14 自信の育て方のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
ヨシタケシンスケ
村田 沙耶香
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする