読むだけで運命が変わる 入試現代文の法則(新装版) (板野博行のターゲット現代文)

著者 : 板野博行
  • 旺文社 (2010年4月10日発売)
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784010338247

読むだけで運命が変わる 入試現代文の法則(新装版) (板野博行のターゲット現代文)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まぁ〜そうだよなと言うような感想。ただ語句はしらないと出来ない。漢字は配点から捨ててる人も多いのでは?でも勉強した方がいいんだなぁと思いました。

  • 子供の頃から国語が苦手科目だった。これは読書をする習慣が殆ど無かったためと思う。最近は普通の人よりも読書をしたり、仕事で人とコミュニケーションをする際にこの国語を駆使しており、特に不便を感じていないので人並みの国語力はあると思っている。ただ、情報処理試験などの国語力を求められる試験では時にピント外れな回答をすることが悩みの種ではある。ということで、高校の現代文ってどうだったかということが気になり、借りたのがこの本である。この本に書かれている「出題者の立場になって考える」ということは解法のコツであり、客観的に問題文を見られるかが勝負であると言うことを再認識できた。

  • 板野先生による現代文の「そもそも論」。

    書いてあること自体は目新しいものではないです。
    国語の先生なら誰もが言えるようなことだし、誰もが考えているようなこと。
    ただ、それをまとめて本にしちゃうあたりが商売上手。
    変な言い方だけど「やったもん勝ち」ですわな。
    しかも「板野」というネームバリューがあるなら、なおさら商売的な効果あるよね!

    いずれにしても、受験生にとって良い本なのは間違いないし、
    国語の先生にとってメンドクサイ存在なのは間違いない(笑)。


    【目次】
    はじめに
    本書の特長と使い方
    第一部  基本編 現代文にまつわる「迷信」から抜け出せ!
     第一章 そもそも現代文ってナニ?
     第二章 なぜ現代文ができないのか? ~成功例と失敗例で考える~
     第三章 現代文の勉強には何の意味があるのだろうか?
    第二部  実践編 現代文「超-基礎講座」
     第一章 現代文ができるための基礎知識
     第二章 これを知るだけでも、偏差値50を突破する秘訣教えます!
     第三章 現代文の特徴を知って、楽しく付き合おう!
    付録 知って得する現代文の知識
     ▼入試現代文 頻出著者ベスト10
     ▼入試現代文 頻出語句と主要テーマ
     ▼板野先生のQ&Aコーナー

全3件中 1 - 3件を表示

読むだけで運命が変わる 入試現代文の法則(新装版) (板野博行のターゲット現代文)のその他の作品

板野博行の作品

読むだけで運命が変わる 入試現代文の法則(新装版) (板野博行のターゲット現代文)はこんな本です

読むだけで運命が変わる 入試現代文の法則(新装版) (板野博行のターゲット現代文)を本棚に登録しているひと

ツイートする