漆原の物理(物理基礎・物理)明快解法講座 三訂版(大学受験Doシリーズ)

著者 : 漆原晃
  • 旺文社 (2013年7月24日発売)
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784010340189

作品紹介

大人気講師の漆原晃先生が、入試の頻出問題を厳選し、解法のノウハウをこの1冊に凝縮しました。
『漆原晃の物理 物理Ⅰ・Ⅱ明快解法講座』の新課程版です。
●入試問題を徹底的に分析。
 →合格点を取るために必要な頻出出題パターンを絞り込み、入試の核心部分を抽出した「超頻出重要問題」を掲載しました。
●どんな問題にもあてはまる解法の手順を「漆原の解法」として掲載。
 →即、試験で役立つ解法が身に付きます。
●改訂によりさらにパワーアップ!!
 →さらに分かりやすい解法にパワーアップし、頻出出題パターンも追加しました。

漆原の物理(物理基礎・物理)明快解法講座 三訂版(大学受験Doシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 代々木ゼミナール講師漆原晃氏による物理の大学入試参考書。「試験に即役立つ実戦的な解法を効率よく身につける」ため各項目の頻出出題パターンを厳選し、同一パターンの問題なら全て解ける「一般的解法」を丁寧に解説している。各項目ごとの具体的内容は次の通りである。

    ①冒頭に頻出出題パターンを掲げる。
    ②「一般的解法(漆原の解法)」を交えながら該当項目の重要事項を説明する。
    ③頻出出題パターンの典型的問題を提示し、解法のポイントおよび具体的な解法を解説する。

    全編を通じて97の出題パターンが掲げられており、確かにこれでほとんどの頻出パターンを網羅できる。本書で入試問題レベルの「一般的解法」を会得した上で、更に多くの問題にチャレンジし「一般的解法」を使いこなしていく必要があるだろう。

    本書の続編に『漆原の物理最強の88題』があり、「漆原の解法」が更に展開されているが、如何せん問題数が物足りない。物理ではなかなか満足できる問題集が見当たらないので、ここは定番の『物理重要問題集』(数研出版)をお薦めしておきたい。

全2件中 1 - 2件を表示

漆原晃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

漆原の物理(物理基礎・物理)明快解法講座 三訂版(大学受験Doシリーズ)に関連するまとめ

漆原の物理(物理基礎・物理)明快解法講座 三訂版(大学受験Doシリーズ)はこんな本です

漆原の物理(物理基礎・物理)明快解法講座 三訂版(大学受験Doシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする