医学部受験の総合的研究

  • 15人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 清水 直史 
  • 旺文社 (2008年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784010550342

医学部受験の総合的研究の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現役の医者はもちろん、予備校関係者や医学部合格者などに多く取材し、正確な数値をもとに分析しているので、説得力がかなりある。

  • タイトルどおりの本で、
    医学部受験の現状や対策のハウツーはもちろん、
    医学部に進学してからの学校生活・私生活や
    医者の就職状況、医者になってからの生活のことなど、
    医者を目指す者にとっては必読の内容が盛りだくさん。

    少々値は張るが、医学部希望者にとっては必携の書になろう。
    (一番いいのは、学校の進路指導室に一冊置いておくことだろうか?)


    強いて不満をあげるなら、
    ・途中で医者になることをあきらめた場合、どういう人生を歩むのか
     (医学部生、医者の卵両方に疑問である)
    ・理科を除く、受験科目と大学以降の勉強との関係
    について、もうちょっと情報がほしかったところである。


    ちなみにこの本は、
    教育学・社会学の研究(職業決定・進路指導など)でも有益である。

全2件中 1 - 2件を表示

医学部受験の総合的研究のその他の作品

医学部受験の総合的研究 単行本 医学部受験の総合的研究 岩嶋宏恭

岩嶋宏恭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

医学部受験の総合的研究はこんな本です

ツイートする