阿部一族,雁,高瀬舟 旺文社文庫 1-1

著者 : 森鴎外
  • 旺文社 (1965年1月発売)
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784010610091

阿部一族,雁,高瀬舟 旺文社文庫 1-1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3作とも派手さはないが、丁寧に書かれていて好印象。文体に幅があるのもおもしろい。あと全然関係ないけど、「注」のつけかたが今とは違う(古い本なので)のも興味深い。

  • この文庫のを読んだわけでは無いのだけれど、記憶の中の森鴎外さんの事を書こうと思う。森鴎外さんの本は、少年の頃に買ってもらった。『雁』を、なんとか読んだ記憶。覚えていないけど…中学の時に『高瀬舟』を授業で先生が取り上げていただき、印象に残っている。たしか安楽死が話題になっていた頃で『高瀬舟』の中で安楽死の場面が出てくるので、みんなで考えてみようという授業だったと思う。あいまいな記憶だ…

  • 阿部一族は江戸時代の武家の話。殉死を許されなかった阿部弥一右衛門。勝手に殉死をし、その後一族も滅ぼされてしまう。
    雁は高利貸の妾であるお玉が、学生である岡田に恋焦がれるという話。岡田と親しくなりたいと思うお玉が千載一遇の機会を得て、行動を起こすのだが、思いがけない三つの偶然が重なって結局2人の運命が交差することがなくなってしまう。このお玉の決意が崩れていく様が簡潔に書かれている感じがいいのかもしれないが、自分にとっては簡潔すぎて少々物足りない。
    高瀬舟は国語の教科書などによく載っているので省略

全3件中 1 - 3件を表示

森鴎外の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

阿部一族,雁,高瀬舟 旺文社文庫 1-1を本棚に登録しているひと

ツイートする