シャガールの馬 (旺文社文庫 295-1)

著者 :
  • 旺文社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784010616420

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本書の中の「海の中道」を、ラン友に勧められて読んでみた。不思議な既視感(既読感)のある短編でした。小説らしい小説、ちょっと懐かしい肌触りが既視感を生んでる気もするけど、途中、”絶対、ここ読んだことある!”と思える箇所があり、虫明氏の著作は初めてなのに、とても不思議な読後感。
    運動選手の精神と肉体に関する表現に独特の美しさがあり、惹かれるものがある。文章を愉しむことのできる作家さんです。

  • 「シャガール〜」を始めとする虫明亜呂無のスポーツに関する短編小説の数本を、滝田さんがラジオドラマの形で二宮さよ子さんと2人で演じました。面白い企画で印象に残っています。

全2件中 1 - 2件を表示

虫明亜呂無の作品

シャガールの馬 (旺文社文庫 295-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×