嵐が丘 (旺文社文庫 503-1)

  • 旺文社
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (552ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784010620601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • たまたま図書館で手に取ったのですが、良い翻訳でした。所々言葉遣いは古めかしいにしても、感傷的になりすぎず語り口の魅力が出ていて。
    内容に関しては、キャサリン(母親のほう)がだんぜん好きです。でもキャサリン(娘のほう)が冬の荒野にひとり馬を駆るのが、想像していていちばんぐっとくるシーン。

  • イングランド北部のヒースの荒野の一画に暗い雰囲気の「嵐が丘」と呼ばれる屋敷があった。 一人の青年が近くの屋敷を借りようと「嵐が丘」の主人を訪ねる。

  • とても激しい恋愛小説。

全3件中 1 - 3件を表示

エミリ・ブロンテの作品

嵐が丘 (旺文社文庫 503-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×