青春について (旺文社文庫 22-5)

著者 :
  • 旺文社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784010640241

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • annex ~小説のススメ~ 爆笑問題 太田光:スミスの本棚:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京 http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/blog/smith/2010/12/post115115.html

  • 途中から詩の解説になってきて自分は読みづらくなったけれど、前半部の世の中の切り取り方はなるほどなと思える部分が多々あった。

  • 101210 WBSスミスの本棚 爆笑問題 太田光さんおすすめ

  • 爆笑問題・太田光が好きな本多ということなので。


    50年前とは思えぬ...文章、いや、着眼点、なのだろうか。時代が変化しても、若者に欠けているもの、つまり大切なものは変わらない。
    青春の終焉から逃れられない、いや逃れたい今、読んでよかった。青春は年齢ではなく、“思想や信仰における「青春性」”とのこと。
    青春を懐かしむような大人にはなるまい、と改めて心に刻む。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1907~1966。評論家。太宰治の友人。主な著書に、『大和古寺風物誌』『愛の無情について』『青春論』など。

「2019年 『愛と苦悩の手紙 君を思い、思うことあり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

亀井勝一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×